【AFP=時事】英国の有名シェフ、ジェイミー・オリバー(Jamie Oliver)氏は21日、ツイッター(Twitter)で、自身の飲食店グループが経営破綻し「打ちのめされている」と明らかにした。従業員約1000人が職を失う見通しだ。

 同グループは英国内で25店舗を展開。チェーン店「ジェイミーズ・イタリアン(Jamie's Italian)」やステーキ専門店「バルバッコア(Barbecoa)」などを運営している。

 管財人に指名された国際会計事務所KPMGは、「同グループの経営する25店舗のうち22店舗が閉鎖された」とし、約1000人が失職すると述べた。

 英飲食店業界での競争が激化する中、オリバー氏は経営破綻について「深い」悲しみを覚えると表明。「このような結果となり非常に悲しい。10年以上にわたって身も心もささげて業務に携わってきた全従業員と全仕入れ業者に感謝の意を表したい」と述べた。

 オリバー氏の飲食店グループでは、過去2年間でレストランの閉鎖が相次ぎ、2018年には「ジェイミーズ・イタリアン」37店舗のうち12店舗が閉鎖されていた。

【翻訳編集】AFPBB News