4月20日に放送された『ひねくれ3』に南海キャンディーズ山里亮太が出演し、ハライチ岩井勇気からネタのパクリ疑惑を受けていることを暴露した。

番組冒頭では、これからゲストに迎える企画作家という職業について“今までにない、新しいフォーマットを作る”と説明すると、自身が作った“新しいモノ”をテーマにトークが展開された。

その中で「自分が作り出した新しいモノとかってある?」と山里が質問すると、岩井は「漫才のフォーマットは作りましたけどね」と自身らの漫才のスタイルだと回答。

「“何々な何”とかね」と岩井が具体例を挙げると、山里は「そうそう」と同意はしつつ「俺、ヒルナンデスでさ“三色ショッピング”ってやってて、(服の色と種類を)“何色の何”って聞くのね」「そしたらこいつ(岩井)が、『よく平気に人のネタパクって出来ますね』って」と、自身が『ヒルナンデス!』で使用しているフレーズに岩井がパクリを指摘していることを告白。

岩井は「あれ本当にヤバイですからね」「俺らからヒントを得てやってる」と山里の使用するフレーズが自身のパクリであるとコメントするも、山里は「得てないよ!“何色の何?”は9年やってるんだぜ俺!」と反論してスタジオの笑いを誘った。

岩井はさらに続けて、「(山里が)たまに『何色のなーに』って言ってるときないすか?」として、より自身のネタに近いことを主張。それを受けて山里は「ねえよ!より俺に罪を着せようとするんじゃないよ!」とパクリ疑惑を完全否定した。