つくし 国民の6割は食べた経験あり愛媛県民の9割が食べたと回答

2019/04/21 09:44 ウェザーニュース

桜やタンポポなどと同様に、春らしい植物の一つに「つくし」があります。道端に生えている姿を見かけた方も多いと思いますが、皆さんはこれまでに食べたことがありますか?ウェザーニュースでは、3月25日〜26日に「つくしを食べたことありますか?」という調査実施。10,144人の回答を集計した所、全国の59%が食べたことがあるという結果になりました。

愛媛の9割は食べた経験あり

さらに、都道府県毎に詳しく分析してみると、北海道、東北、北陸、関東では「食べたこと無い」が過半数。一方、東海、近畿、中国四国、九州は「食べたことある」が多数であることが分かりました。中でも、愛媛県民の9割が食べたことがあると答えており、「好き」と感じているのは県民のおよそ5人に2人を占めています。「今でも毎年のように摘んでご近所さんにおすそ分けをしている」という方もいらっしゃるようです。フキノトウのように、春の一時期だけ食べることが出来る、季節の食材として今も親しまれているのかもしれません。

ビタミンEは野菜の中でトップクラス

つくし(土筆)というのは、スギナの胞子茎(ほうしけい)。全国各地で自生しており、九州で3月頃、本州では4月頃に旬を迎え、5月初旬になると東北などで見られるようです。一方で、南国の沖縄では、つくしは自生していないようです。つくしは、栄養価が高い山菜で、ビタミンEは野菜の中でもトップクラスの含有量なんだそうです。主な食べ方としては、天ぷらや佃煮、卵とじなどが多いようで、中には小学校の時に給食で出たという声もありました。また、つくしは頭の部分が開いて胞子が出てる途中のものは苦味が強く、胞子が飛んで無くなっているものは苦味が消えるのだとか。ただし、頭が開ききっていると枯れる寸前で、あまり美味しくないようです。

ただ、千葉県君津市で観光農園を営む佐野卓男さんによると、都市部でも見られるつくしですが、採集する場所には注意が必要とのことです。「うちでは車も犬も来ないきれいな場所で、お客さんに自由に摘んでもらっています。というのも、つくしは地面から10cmぐらいしか出ませんから、車の排気ガスがかかるような場所や、犬の散歩道にあたっているところだと、食用には向かないのです」(佐野さん)もし、これからつくし料理に挑戦する場合は、その辺りを注意しながら摘んだ方がよさそうですね。