オランダで院長の精子が不妊治療に使われた問題 49人が血縁と判明

ざっくり言うと

  • オランダにあったクリニックの院長が自分の精子を不妊治療に使っていた問題
  • DNA鑑定により、少なくとも49人が院長の血縁上の子どもであると分かった
  • 院長は2017年に死亡し、クリニックは不正発覚後、2009年に閉鎖されている
提供社の都合により、削除されました。概要のみ掲載しております。