Twitterは15日、「児童の性的搾取」に該当するとして2018年7月から12月に凍結したアカウントの件数を発表。全世界のアカウント約45万件のうち、日本のものが約3割にのぼることがわかった。

Twitterは、2018年7月から12月までの6ヶ月で全世界で45万6989件のアカウントを児童の性的搾取に該当するとして凍結。そのうちの29%にあたる13万件以上が、日本から運用されていたものだったという。また、凍結したアカウントの94%は第三者からの申告ではなく、テクノロジーを用いて自主的に発見したとしている。なお、児童の性的搾取に該当したアカウントは永久凍結となる。

Twitterでは、児童の性的搾取に該当するコンテンツや助長する行為を禁止しており、今年2月にも規制を強化。具体的には、「性的に露骨な、または性的な暗示を含む行為をする未成年の視覚的な描写」「性的に露骨な状況または性的に露骨な行為をする未成年者のイラスト、コンピューターなどで作成した写実的な描写」「児童の性的搾取に該当する内容を掲載する、第三者のウェブサイトへのリンク」などのコンテンツ投稿や、「児童の性的搾取についての想像を表現したり、児童の性的搾取を助長する」といった行為を禁じている。