その日の都内は、朝から灰色の雲が低くたちこめ、今にも雨粒が降ってきそうな空模様だった。2月中旬、気温は10℃に届かず、肌寒い。

 一台のワンボックスカーが、ある病院の通用口に寄せて止まった。平日の午前中のことだから、一般外来の窓口には大勢の患者の列ができている。人目を避けるように、車から下りた男性は、スタッフに促されるように通用口から診察室に滑り込んだ。

 そこは都内でも有数の病床数を誇り、最先端の治療を施すことで知られる有名大学病院だ。政治家や芸能人など著名人の来院や入院も多く、VIPの扱いには慣れている。

 お忍びで病院を訪れたのは、嵐の二宮和也(35才)。事前の予約はなく、具合が悪くなり、急きょ来院したようだった。顔色が悪く、つらそうな表情を浮かべ、足取りも重い。

 1月27日、来年いっぱいで活動を休止することを発表した嵐。それまで全力疾走することをファンに誓った二宮に何があったのか──。

 2月10日(現地時間)、米ロサンゼルスの「グラミー賞」授賞式に嵐の姿があった。現地ではメンバーそろって、写真撮影をするところも目撃されている。数日間をロスで過ごし、日本に帰国した直後、二宮は緊急で病院に向かったわけだが、体調不良はロス行きの直前にファンの間で囁かれていた。

「2月1日に『ミュージックステーション3時間スペシャル』(テレビ朝日系)に嵐が出演して、活動休止発表後、初めてパフォーマンスを見せてくれたんです。ただ、いつもと様子がちょっと違いました。

 ニノは歌っていても普段はあまり汗をかかないんですが、その日は額に汗をかいていたんです。友達とも“どこか体調が悪いのかな”、“心配だね”って話していました」(20代ファン)

 ファンの間では、二宮が腰に“爆弾”を抱えていることはよく知られているという。ジャニーズJr.時代から長年、バク転など激しいダンスを続けてきたため、腰に痛みが出る「坐骨神経痛」が慢性化。ステージ上や番組の中で、二宮が腰をさするシーンを見ることは珍しくない。

 しかし今回、二宮が受診したのは腰痛が理由ではなかった。

◇検査後すぐに収録に向かった

 芸能関係者が明かす。

「ロスから帰国した直後、病院を受診したのは、腰の持病のためではないそうです。腰の持病に関しては、嵐のメンバーが日頃から頼っているスゴ腕のスポーツマッサージ師などのサポートスタッフもいますし、ある程度はセルフコントロールもできるはずです。

 その日は、めまいや“ブーン”“キーン”といった耳鳴りがして、ひどい頭痛がしたり、吐き気を催したりする症状を感じて、大学病院で緊急検査を受けたそうです」

 音楽関係者、特に大音量でのコンサートを頻繁に行う歌手の中には、そうした症状を訴える人は少なくない。重症化すると、スガシカオ(52才)や浜崎あゆみ(40才)、KinKi Kidsの堂本剛(39才)が患ったような「突発性難聴」と診断され、しばらくステージの上に立てないということもある。

 たとえば堂本のケースでは、2017年6月に突然、左耳が水の中に潜ったような状態になり、直後に高い音が頭蓋骨に響き始めた。その後もドラム缶の中でガンガン音を鳴らされているような感じに悩まされたという。

 堂本は発症後、テレビ収録や野外ライブの出演を軒並みキャンセル。東京ドーム公演では、音量や音響を考慮して、演奏は全編オーケストラで行い、さらに左耳に綿を詰めて耳栓をして、その上からヘッドホンをかぶせて右耳だけで音を拾ったという。

 日本橋大河原クリニックの大河原大次院長の解説。

「突発性難聴を罹患するのは20〜60代で男女差はなく、詳しい原因は不明ですが、血流障害やウイルス、ストレスが原因とされます。症状が起きてから遅くても2週間以内にステロイドホルモンで治療すれば、治療は充分に可能です」

 前出の芸能関係者によれば、二宮の場合は深刻な状態ではなかったが、大事を取って検査に臨んだという。

「二宮さんのプロ意識でしょう。そうした症状が出たら、すぐに適切な診断を受けて治療した方がいいことは知っていたのだと思います。

 何より、あと2年はファンの前で最高のパフォーマンスをしたい、しなければならないという強い気持ちが、二宮さんにはある。だから、万が一にもステージに立てないということがないように、体調管理は徹底しているようです。その日の午後にも『VS嵐』(フジテレビ系)の収録が控えていたにもかかわらず、検査を受けたようです。結果はまったく問題なく本人もホッとしたようですよ」

 検査後、二宮はいつものようにスタジオで収録に臨んだ。3月1日には日本アカデミー賞の授賞式で笑みも見せた。3月2日には来年公開の主演映画『浅田家(仮)』がクランクイン。三重県での撮影にも臨んでいる。

 嵐は昨年11月にスタートした20周年記念ツアー『5×20』の真っ最中。2月、3月は公演がなかったが、4月にはナゴヤドーム(13、14日)、東京ドーム(18〜20日)、福岡ヤフオク!ドーム(28、29日)での公演が控える。

 超多忙な2年を、強い気持ちと体で駆け抜ける。

※女性セブン2019年3月28日・4月4日号