オープン戦が始まり、「開幕スタメン」の顔ぶれが気になる季節となった。今年は誰がスタメン入りを果たせるだろうか。甲子園のスターが何人も入団している日本ハムファイターズのファンならば、今年は誰がスタメン入りするのか気になっていることだろう。

 清宮幸太郎(19)は、3日のオープン戦で右手首を痛めるアクシデントに見舞われたものの、それまでの練習試合では大当たりを続けた。一方、不動の一塁手・中田翔(29)は左内転筋の肉離れで別メニュー調整中。

 となれば、清宮の“一塁開幕スタメン”もあり得るのか──そんなファンの盛り上がりに日ハムのエースとして活躍した高橋直樹氏は「中田のライバルとするのはまだ早い」と断言する。

「侍JAPANに選ばれたとはいえ、実力はまだ一軍で生き残れるかどうかのレベル。天性のパワーがあるので、いずれはそこそこの成績を残すと思いますが、投手目線でいえば今はまだ技術面での弱点が明確で、インコースをバットの芯で打つ技術がない。バットスピードをつけてヘッドを走らせるようなスイングができなければ無理でしょう。中田もリハビリの様子を見ると開幕には間に合わせてくるはず。開幕一塁は中田です」

 昨年はDHでの起用もあったが、高橋氏は否定的だ。

「DHならクリーンアップを張ってもらわないと困る。経験を積み、試合に出て、一軍の主力投手を打てないと、任せられません。

 今の清宮は中途半端です。中田からポジションを奪ったり、DHで使ったりするにはパワーが足りないし、外野に回すには守備が不安。結局、守備で任せられるのは一塁だけ。このままだと、スタメンになるには中田がもう一度ケガをするのを待つしかない。栗山(英樹)監督も勝たなくてはならない。いつまでも甘やかしながら育つのを待つことなんてできません。今年がラストイヤーだと思うくらいの覚悟で、やってほしい」

 厳しい評価は期待の高さゆえのものだろう。

※週刊ポスト2019年3月15日号