食文化の変化や地域ごとの特徴が読み解ける総務省の「家計調査」。

【写真】外国産のグレープフルーツが日本からなくなる可能性も!

過去のデータを見てみると、実はここ10年で“グレープフルーツ離れ”という不思議な事態が起こっています。

一体なぜ、グレープフルーツだけが敬遠されるようになったのでしょうか。

■ グレープフルーツ離れは何が原因?

“消費者物価指数”の基準改定に合わせ、2020年からの“収支項目分類”も見直されます。

その改定案の中には、「グレープフルーツが“他の柑きつ類”に含まれる」という話が出ていました。

総務省の資料によると、理由は「消費支出に占める構成比が継続的に低くなっているため」と記載されています。

確かにグレープフルーツの消費支出は2008年に全国平均で589円だったものの、2017年には231円まで下降。

また他の果物と比べても、10年間で消費支出が半額以下になったものはグレープフルーツ以外にはありません。

このデータを見た世間の人たちからは、「確かに最近食べてないなぁ。好きなんだけど食べにくいのがネック」「グレープフルーツサワーとかは飲むけど、最近は自分で買うこともなくなった」「オールシーズンで食べたくなるフルーツではないからね」などの声が上がっています。

また中には、「単純に値段が高くなった! フルーツ全体に言えることだけど」「もっと安ければ毎日ジュースにして飲みたい」「普通に買えるフルーツの種類が豊富になったのも関係してそう。スーパーでも色とりどりのフルーツが並んでいるし」といった意見も見られました。

■ グレープフルーツの不人気は顕著に表れている?

以前「マイボイスコム」では、「果物に関するアンケート調査」を実施。

好きな果物についての回答をランキングにすると、グレープフルーツは16位という結果でした。

やはり上位にはイチゴ、桃、みかん、りんご、メロン、ぶどう、バナナといった有名な果物がランクイン。

一方でグレープフルーツの下にはいよかん、はっさく、いちじくなど、あまりスーパーでも見かけない果物が名を連ねます。

またグレープフルーツに関して顕著だったのは、好みの男女差が大きかったこと。

好きな果物でグレープフルーツを選ぶのは女性の方が多く男性との比率では10ポイント以上の差が見られました。

スーパーで見かけるグレープフルーツは、そのほとんどが外国産です。今後もグレープフルーツ離れが進んでいくと、いずれ店頭から姿を消してしまうかもしれませんね。(レタスクラブニュース)