動画配信サービスを牽引するYouTubeには、ユーザーの評価基準として、“いいね”ボタンと“よくないね”ボタンの2つが用意されています。このうち“よくないね”ボタンについて、YouTubeが見直しを検討していることが分かりました。

組織だって低評価をつける

YouTubeが頭を痛めるのは、「よくないね集団(dislike mobs)」とでもいうべき悪意あるユーザーたちです。具体的には、気に入らない投稿者の動画を見つけると、組織だって低評価をつけ、ネガティブなレビューを投稿する集団のことです。全体評価のうち低評価の割合が高まると、ビューの数にも影響を与えるため、ユーチューバーたちにとっては重大な問題となっています。
 
こうした事情を踏まえ、YouTubeが新たに取り組もうとしているのが、組織だった低評価の抑止です。現在も投稿者が評価そのものを無効にするオプションを設定できますが、これでは評価の高さが可視化できません。

“よくないね”そのものをなくす検討も

同社でプロジェクトマネージメント・ディレクターを務めるトム・レオン氏によると、“軽い議論の段階”ではあるものの、低評価の選択肢そのものをなくしてしまうというプランも検討されているようです。とはいえ、このプランでは逆に動画の質の低さを可視化できないため、現実的とは言えなさそうです。この他には、低評価をつけた「理由」をチェックボックスから選ぶよう要請する、動画の25%以上をみていないユーザーは低評価ができないようにする、などが提案されているとのことです。
 
つい先日もYouTubeの違反報告プログラムを悪用し、チャンネルをBANされたくないユーチューバーに金銭を要求するという恐喝事件が明るみに出たばかりとあって、投稿者ー視聴者の力関係を改めて把握し直す時期に来ているということなのかも知れません。
 


 
 
Source:YouTube via PhoneArena,TorrentFreak
(kihachi)