世界で最も治安の良い国はどこだろうか。

それを知るための一助となるランキングが発表された。アメリカ雑誌『グローバル・ファイナンス』が発表した「世界で最も治安の良い国ランキング」(World’s Safest Countries 2019)だ。

同ランキングは、軍事紛争の勃発の危険性、市民の安全、経済発展レベル、自然災害のリスクなどを考慮して作成されているという。対象となっているのは世界128カ国だ。

日本が低評価の理由とは?

さっそく上位にランクインした国を見ていこう。

最も治安が良い国1位は、アイスランドで6.16点(点数が低いほうが治安が良い)だ。

以下、2位スイス(7.01点)、3位フィンランド(7.04点)、4位ポルトガル(7.07点)、5位オーストリア(7.08点)、6位ノルウェー(7.27点)、7位カタール(7.28点)、8位シンガポール(7.34点)、9位デンマーク(7.41点)、10位ニュージーランド(7.42点)となっている。

世界屈指の治安を誇る日本は、意外にもトップ10に入っていない。

それどころか同ランキングで日本は、43位(9.49点)という低評価だった。日本の1ランク上の42位はブルガリア(9.27点)、1ランク下の44位はカザフスタン(9.50点)だ。

ただ『グローバル・ファイナンス』は、日本の評価が低い理由を明記している。「日本は43位にランキングされている。その理由は自然災害によるリスクが高いためだ」とのことだ。

それ以上の詳細は書かれていないが、あえて強調しているところを見ると、自然災害のリスク以外は、世界上位クラスだったのかもしれない。

韓国は日本より治安が良い?

日本の近隣諸国はどうか。

中国81位(11.11点)、ロシア108位(12.94点)と日本以下の低評価となっている。

そんななか韓国だけは、日本よりも高評価だった。韓国は34位(8.93点)だ。

とはいえ韓国の治安は良いといっていいのかは、はなはだ疑問ではある。というのも韓国の治安の悪さを指摘する韓国メディアが後を絶たないからだ。


(写真提供=SPORTS KOREA)

例えば、韓国には地域住民の安全を守るために「治安センター」と呼ばれる、日本の交番のようなものが存在する。

しかし『ソウル新聞』がソウルの治安センター10カ所を2日かけて取材した結果、ドアが開いていたのは1カ所のみ。残りは鍵が閉められているか、居留守を装っていたという。

同紙記者が、鍵をかけて電気すらついていなかった某所の治安センターの警察官に、地域住民が相談に来るかもしれないのになぜ鍵をかけていたのかと聞くと、「凶暴な事件が多くて、それを予防するために閉めている。警察も自分を守らなきゃいけない」と返答したというのだから、あきれてしまう。

他国からの評価も微妙で、オーストラリアでは最近、「女性観光客にとって危ない国」ランキングのトップに韓国の名が挙がるようになってしまったほどだ。

【驚愕】外国人女性の被害続々…“女性観光客にとって危ない国”に落ちた韓国

いずれにしても今回の「世界で最も治安の良い国ランキング」で、日本より高評価を得た韓国。日本ほどの自然災害がないだけに、治安のさらなる良化に努めてほしいものだ。

(文=S-KOREA編集部)