女優ハン・ジミンが21日午後、ソウル江南(カンナム)区三成洞(サムソンドン)グランドインターコンチネンタルソウルパルナスで開かれた2018~2019児童虐待予防広報大使の任命式に出席した。

ハン・ジミンは、今年公開された映画「ミス・ペク」で児童虐待を経験し、成長した主人公ペク・サンア役で、同じ環境に置かれた児童に会い、慰められ成長していく役を演じた。保険福祉部は、これまで様々な社会問題に関心を持ち、ボランティアと寄付などを続けてきたハン・ジミンが児童虐待予防の先頭に立てば、国民も受け入れ、呼応すると期待していると話した。

ハン・ジミンからユン・ジョンヒまで、女優が続々号泣…「第38回韓国映画評論家協会賞」授賞式の現場が話題

ハン・ジミン&ハン・ヒョジュら、美女4人の誕生日パーティーが話題…笑顔で記念ショット