大晦日決戦はキャンセルへ、メイウェザーがインスタグラムで事情説明

 ボクシングの5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(米国)が7日(日本時間8日)、インスタグラムを更新。総合格闘技イベント「RIZIN.14」(12月31日・さいたまスーパーアリーナ)に参戦し、デビューから32連勝中の“神童”那須川天心と対戦することを発表していたが、急転、試合を行わない方針を明かした。

 どこで掛け違っていたのか。注目の大晦日マッチが急転、暗礁に乗り上げた。メイウェザーは「東京での期待外れの旅を終えて、俺は米国に戻ってきた。12月31日に行われると発表されたイベントについて、ハッキリさせたいことがある。まず、フロイド・メイウェザーはテンシン・ナスカワとの試合に公式に同意していない」と断言している。

 あくまで提示されたのは、RIZINサイドが選んだ選手との3分×3ラウンドのエキシビションマッチで、那須川のことも知らなかったという。少人数向けのエンターテインメントとしての試合で、世界的に放映されるという説明も受けていなかったようだ。

「記者会見で発表された誤った情報をファンに心から謝りたい。私は引退したボクサーであり、前例のない賞金をエキシビションや演説などで儲けている」と続けている。

 思いの丈をつづった文字数は実に1434字を数えた。投稿から約5時間で「いいね!」は30万件を超えている。前代未聞の事態に、今後の展開にも注目が集まる。(THE ANSWER編集部)