『Open Goal』は元スコットランド代表FWデレク・ライオダンのインタビューを掲載した。

デレク・ライオダンは1983年生まれの35歳。かつてハイバーニアンやセルティックでプレーしたストライカーで、スコットランド代表としても3試合に出場した経験を持つ選手だ。

彼は2011年にハイバーニアンから中国超級リーグの陝西宝栄に移籍。しかしわずか9試合の出場に終わり、半年で退団し帰国している。その後は様々なクラブを渡り歩き、現在はフリーエージェントの状態である。

なぜ中国ではうまく行かなかったのか?彼はインタビューに対して以下のように話し、とにかく食事と環境に馴染めなかったと語った。

デレク・ライオダン

「中国リーグへの移籍はひどかったよ。いずれにしても。正直に言えばすべてがね。僕は飢えていた。

食べ物がひどかった。スキャンダラスな食べ物だよ。

チームメイトには夕食に連れて行かれたけど、とにかく飢えたよ。食べ物がひどいから。僕も、同僚のファビオ・フィルマーニもそうだった。彼も食事がダメだった。

我々はプレーンなパスタにトマトソースとパルメザンチーズをかけて食べることしかできなかった。

夜は飢えたまま裸でプールに行くだけだ。食べるものは得られず、酒もなかった。

サッカーもひどかった。ピッチは芝が長すぎて、雨が降れば大きな水たまりができる。フィジオセラピストもおらず、怪我をしたときは鍼治療をするだけだ。

5ヶ月間で3人の監督とプレーしたよ。2位にいたのに解雇された。そして僕も5ヶ月間で退団することになった。中国に行ったことを後悔しているか?ああ、正直に言えば、ゴミみたいなもんだったね」

中国のリーグで食事が合わなかった選手は彼だけでなく、あのカルロス・テベスもほとんどのメニューを食べられなかったという。