◆日本一の長岡花火も!今年初開催「長岡 米百俵フェス〜花火と食と音楽と〜 2018」

10月6日(土)7日(日)の2日間、新潟県長岡市で開幕する「長岡 米百俵フェス〜花火と食と音楽と〜 2018」(通称:米フェス)。この秋の連休は、日本一と称される長岡花火と、豪華なアーティストによる音楽、新潟の豊かな食が三位一体で盛り上げる“米フェス”へ、小旅行をかねて出かけてみるのはいかが? きっと都心では経験できない素敵な思い出ができるはず。


初開催!長岡の魅力を伝える大型野外音楽フェス
東京から新幹線で約80分、海や山、川に囲まれた新潟県長岡市。そんな自然豊かな場所で開催される米フェスは、今年が記念すべき第1回目。米どころであり花火王国としても知られる長岡の魅力を、全国各地の人々へ発信していく。

2日間かけてフェスを盛り上げるのは、ソロシンガーからバンド、アイドルまで多彩な顔ぶれのアーティストたち。10月6日(土)はNGT48、岸谷香、サンプラザ中野くん&パッパラー河合、BEGIN、藤木直人、FLOWなど。7日(日)には平原綾香、杏子/スキマスイッチ/松室政哉 from 福耳、横山だいすけ、渡辺美里などが出演して、白熱のライブを開催する。


長岡の“おいしい”が大集結!充実したフードコーナー
音楽フェスではフードコーナーも楽しみのひとつ。今回の米フェスでは、長岡市民のソウルフード「フレンド」のイタリアンや、長岡随一の料亭である「料亭かも川館」の名物料理、目の前で焼きあげる「いろり茶屋 火処」による大河信濃川のアユの塩焼き、「山古志住民会議」が提供する神楽南蛮みそを添えた炊きたてのコシヒカリなどが堪能できる。

ほかにも長岡を代表するお店が揃って計26店舗が出店。明るくにぎやかな雰囲気の中、お祭り気分でグルメを堪能しよう。


花火といえば長岡花火。両日のラストを飾る感動のプログラム
両日ともにラストを締めくくるのは、音楽とともに打ちあがる花火。夏の長岡まつり大花火大会を彷彿とさせる、色とりどりの花火が夜空に花開く。

オープニングを飾る大スターマイン「花火と食と音楽と2018Ver」に始まり、華やかなベスビアス大スターマイン「東山に咲く華」、中越地震の復興シンボルである大型花火「フェニックス」、米フェスオリジナルの超大型スターマイン「輝き」まで、約20分間のプログラムは圧倒的な迫力!音楽を聞いて花火を見て、食の味や香りに満たされつつさまざまな人と触れ合う、五感で楽しめる新たなイベント。“世界でいちばんハッピーなフェス”になること間違いなしの「長岡米百俵フェス」に参加しよう!