株式会社タイトーは、9月20日(木)〜23日(日)に幕張メッセで開催される東京ゲームショウ2018にて、家庭用ゲーム筐体「ARCADE1UP」をプレイアブル出展すると発表しました。

今回発表されたARCADE1UPは、米Tastemakers,LLCが製造する家庭用ゲーム筐体で、これまで世界中で稼働していた業務用アップライト型のアーケードゲーム筐体を3/4スケールで再現したもの。日本での販売は、タイトーが担当します。

現時点ではタイトーの「スペースインベーダー」や「パックマン」「ギャラガ」(バンダイエンターテインメント)の3機種がラインナップされています。椅子に腰掛けてプレイしやすい高さでもあり、お部屋のインテリアとして日常に溶け込むかもしれません。

過去の業務用アーケードゲームが家庭用ゲーム機への移植で遊びやすくなったものの、やはり想い出の中ではゲーム筐体というハードウェアが大きな存在です。しかし実物の筐体となると家庭に置くにはサイズ的に厳しい上に、当時現役だった筐体は経年劣化もあり、部品交換などメンテナンス上の問題も抱えています。

このARCADE1UPは、控えめなサイズで当時の筐体を再現し、日本の家屋事情にも少しだけ歩み寄ったコンパクトさ。憧れの名機が自宅でプレイできるという長年の夢を叶える商品となりそうです。

キング・オブ・シューティングとしてお馴染み「スペースインベーダー」は、オリジナルおよびカラーの2バージョンを収録。「パックマン」には日本未発売の「パックマンプラス」も収録され、「ギャラガ」ではシリーズ前作に当たる「ギャラクシアン」も遊べます。ただし、全てのゲームは海外仕様となっており、日本版とは使用が異なる場合もあるとのこと。

ちなみにTastemakers,LLCの公式サイトでは、「ストリートファイター供廖屮好肇蝓璽肇侫.ぅ拭辞TURBO」「スーパーストリートファイター供廚筺◆悒侫.ぅ淵襯侫.ぅ函戞慄盂β次戞1944』『ストライダー飛竜」のセットという、カプコンファン感涙のラインナップもあり。第一弾が好評であれば、こちらも発売を検討していただきたいところです。

価格は各5万8000円(税別)。筐体サイズは幅483mm×高さ1163mm×奥行584mm。スクリーンサイズは17インチのLCD、筐体重量は約25kgで、電源はAC100V 1A 50/60Hz。筐体は組み立てキットとして配送され、日本仕様ACアダプタも同梱されます。

現在、Amazon.co.jpにて特別価格5万3892円(税込)で先行予約受付中です。発売日は2018年12月20日ということで、少し早い自分へのクリスマスプレゼントにしてもいいかもしれません。