花粉が辛くて、肌がかゆくなったり、鼻がムズムズすることもしばしば…。そんな時こそ、普段の食事方法とスキンケア方法を改善してみて。今回は、おすすめの食事方法とスキンケア方法をご紹介していきます。

食事編:花粉症の時に気をつけたいこと

花粉が気になる時に気をつけておきたい食事法をご紹介していきます。

4人に1人が、“スギ花粉症”と推定されており、その症状は人さまざま。しかしすべての人に共通することは、「できるだけ花粉症の症状を楽にしたい」ということなのではないでしょうか?花粉症はすぐに治るものではないですが、日頃取り入れる食事の内容を見つめ直すことで、少しずつ楽になっていくのです。

体の免疫が花粉に過剰に反応して、有害なものだとみなすことによって、花粉が体内に侵入していくたびに“抗体”がつくられていきます。この抗体が一定以上の量を超えてしまうことによって、花粉を排出させるための“ヒスタミン”という物質が発生するようになっています。この結果、鼻・目・喉に反応して、くしゃみ、鼻づまりといった症状が起きるわけです。

花粉症対策をするために実践すべきことは、花粉を寄せ付けない、そして「食事」を見直すこと。

花粉症対策におすすめなのは「発酵食品」

そこで近年注目を集めているのが、発酵食品です。この発酵食品には花粉症にいい栄養素が含まれているということが明らかになっているのです。

まず発酵食品の多くには、腸内環境を整えてくれる乳酸菌が配合されていますよね。この乳酸菌をきちんと摂取することで、花粉症が少し楽になったという声もあるようです。

腸というのは、食べ物を消化したり吸収する大事な器官なのです。それだけではなく、体内でももっとも大きい免疫器官なのです。免疫機能が乱れてしまうことによって、花粉症やアレルギー疾患を引き起こしやすくなってしまいますので、腸内環境をきちんと整えて免疫機能を高めてあげることが、花粉症対策に大きくつながります。

そこで覚えておきたいのが、「腸内環境を整えるポイント」です。まずは食物繊維を摂る習慣をつけて、排便を促すこと。そして、発酵食品・漬け物からさまざまな種類の菌を体内に取り入れることが大事になります。

また、ヨーグルトなどに含まれている「乳酸菌」は、生きたまま腸に届けることは難しいと言われているので、毎日摂ってあげるといいでしょう。また、ヨーグルトは、オリゴ糖と一緒に摂ることによって、腸内環境を整えてくれる効果がさらに高まります!

食生活を意識しても、花粉症が辛い人は…

できるだけ日頃の生活で発酵食品を取り入れていても、花粉症が楽にならないこともあるでしょう。そんな時は、内服薬を取り入れていくことも大切です。病院へ足を運んで、医師に相談をしてみましょう。

花粉症をスキンケアで対策したい!

次にスキンケアで花粉症を対策する方法です。花粉の時期に顔がかゆくなってしまう大きな原因の1つとして、バリア機能が低下している状態で、スギ花粉などの外的刺激を受けてしまうということです。つまりバリア機能がそもそも低下している状態を避けることが必要になります。

花粉が肌に付着することが、肌にとっての刺激となります。

帰宅したら必ず洗顔料を使用して洗顔を!


まず帰宅したらすぐに顔を洗うようにします。必ず洗顔料は使用して、洗顔をしてくださいね。フワッフワの泡を完成させたら、なるべく手と肌が触れないように泡で洗うようなイメージを心がけます。

また保湿成分でもある「セラミド」が入った洗顔料を使用すると、肌に負担を少なくして洗顔ができますよ。

保湿ケアは欠かさない!


バリア機能が低下してしいる原因はいくつかありますが、肌が乾燥しているからとも言えます。乾燥している状態は、外的刺激の影響を受けやすい状態なので、いつでも保湿ケアを忘れてはいけません。

ヒアルロン酸、コラーゲン、セラミドと言った保湿成分の入ったスキンケアはもちろん、スキンケアラインでももっとも“保湿”的役割の強いクリーム・ミルクも、きちんと自分の肌にあったものを選ぶこと。なるべく濃厚かつ、保湿力の高いものを選ぶように心がけるといいでしょう。そうすることによって、長く使用することができますのでオススメですよ。


花粉が辛くて、肌がかゆい、鼻がムズムズする…。このような状況をできるだけなんとかしたいと思うこともあるでしょう。そんな時こそ、日頃から当たり前のように行っている食事とスキンケアを見直してみましょう。体に取り入れるもの、そして肌につけるものを意識してみることによって、少しでも花粉症の症状が楽になるはず。

もちろんそれでも改善されない場合は、皮膚科に行ってきちんと医師に診てもらうのが1番理想的です。日頃から自分でもできる、花粉症対策。ぜひいつもの生活に取り入れて参考にしてみましょう。毎日行うことが、花粉症の症状を楽にしてくれることでしょう。