不貞疑惑が週刊誌に報じられた雨上がり決死隊・宮迫博之が、バラエティ番組「火曜サプライズ」(日本テレビ系)のゲスト出演を見送られたことがわかった。代役には、ANZEN漫才のみやぞんが起用されるという。

「不貞疑惑の報道後、宮迫の出演する保険CMの映像が公式サイトから削除される影響はあったものの、出演番組が見送りになったのは今回が初めて。その日テレでは8月末に『24時間テレビ40 愛は地球を救う』を放送しますが、宮迫はスペシャルサポーターを務めている。そのため放送日までに視聴者の反感をこれ以上買わないよう、配慮した可能性があります」(テレビ誌記者)

 さらに一部報道によると、「24時間テレビ」でも宮迫がVTR出演する箇所で一部差し替えの措置が取られるという。そんな中、同番組の周辺では、さらに大きな問題が起こっているというのだ。

「8月18日発売の『週刊ポスト』によると、『24時間テレビ』に関わっていたとみられる女性契約社員が、日本テレビに隣接するビルから飛び降り、病院に搬送されたそうです。命に別状はないものの、原因が仕事の悩みなどであれば日テレに大きな影響が出かねない。それゆえ視聴者からは『ブラック24時間テレビだ!』と批判されており、中には番組テーマの“愛は地球を救う”に掛けて『愛は契約社員を救わない』との辛辣な声も飛び出しています」(前出・テレビ誌記者)

 この他にも、24時間テレビ名物のチャリティマラソンで、ランナーが当日発表されることに「パワハラではないか?」との意見も出ている。はたして同番組は、無事に放送を乗り切ることができるだろうか。