世の中には様々な“健康法”が存在するが、実際にどれほど効果があるのかは人によって様々だ。このほど自分の尿を飲むという飲尿療法を6年間続けている男性が、そのおかげで体重が約50kg減量し以前よりずっと健康的になったと英紙『Mirror』や『Metro』に話している。

自分の尿を飲む…考えただけで身震いする人も少なくないだろう。しかし英エセックス州バジルドンに住むデーブ・マーフィーさん(54歳)は、6年前に飲尿療法を始めてからというもの病気ひとつしたことがないそうだ。

25歳の娘と21歳の息子の父であるデーブさんは、過去に体重が127kgもあった。米ニューヨークでPCプログラマーとして働いていた時期もあり、その頃は自分の体調管理に杜撰で「昼夜外食で、スナックといえばチョコレートを一日中食べているような生活をしていました」と語るほど、食生活は酷いものだった。

ところがある日、友人と飲尿療法の話を冗談交じりにしたところセラピーのイベントに参加することになった。「自分の尿を飲むなんて」と乗り気でないまま参加したデーブさんだったが、とりあえずやってみようと友人と決め、2011年5月から飲尿療法を始めた。

最初は試すことにも不安があった。温かい自分の尿をそのまま飲むことに気が引けたため、デーブさんは尿をコップに入れ冷蔵庫で冷たくなるまで冷やした。それでも口にすることに抵抗を感じ、数週間はグレープフルーツジュースと混ぜて飲んでいたそうだ。

やがて体に変化を感じ、体重が減っていった。そこでデーブさんは2012年6月の30日間、思い切って飲尿のみで過ごすことにした。尿だけでは体力がつかないと思いきや、デーブさん曰く尿のおかげで血圧も通常値に戻り腸内の働きが改善され、これまで患っていた喘息もすっかり治ったという。

現在は127kgだった体重が76kgにまで減り、一日2杯の尿とグレープフルーツ1個、週に3回は贅沢をしてチップスを食べるという生活をしている。かなりの体重が落ちたデーブさんに周りは驚きを隠せないようだ。

「以前よりずっと健康的になって、体が鍛えられた感じがします。尿は老廃物だと思う人もいますが、水よりも綺麗なんです。尿の効果は飲むだけではなく、顔の保湿にもなり痛みを軽減します。私の顔のシワもすっかり消えました。朝は尿の風呂にも入っています。先入観をなくして考え方を変えれば、尿は体に大きな利をもたらしますよ」とデーブさんは話している。

「飲尿療法は、究極のアンチエイジングになるだけでなく健康にもいい」と6年間セラピーを続けて来たデーブさんは主張するが、それだけではなく「世界の食料不足の救済にもなる」と語る。

「人間の体は生きていくためにあれこれ消費する必要がないと気付きました。お金もかからず節約にもなります。」

デーブさんは現在、何も混ぜることなく尿をそのまま飲んでいるという。「ある時を境にそのまま飲んでみたらそれほどマズくはなかった」と述べているが、ジュースや水を飲むように一気に飲み干す姿を見ると、衝撃を受けずにはいられない。

「尿さえあれば何もいらない」と言い切ってしまいそうな勢いのデーブさんは、更なる健康体を目指して、今では母親と一緒に飲尿療法を行っている。

このニュースを知った人々からは「世の中どうなってんの? もう俺、火星に行くわ」「考えただけで気持ち悪い!」「どんなに健康に良くても、飲尿だけはイヤ!」「尿を飲むぐらいなら太っててもいい」といった多くの声があがっている。

出典:http://www.mirror.co.uk
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)