『ムスコン』もしくは『ムスコン母』という言葉を耳にしたことはありませんか?

『ムスコン』はマザコンやシスコンから派生してできた造語で、息子コンプレックスの略です。自分の息子を小さな異性、理想の彼氏、さらには性的対象として見てしまう母親がいるのだとか。そんな母を『ムスコン母』と呼ぶそうです。

【ケース1】息子は私の全て。将来他の女に触れられる前に……

ある女性は、6歳の娘さんと4歳の息子さんを持つ母親です。最初の子である娘さんを出産後、旦那さんとセックスレス状態に。二人目の子どもが欲しかったが、旦那さんとセックスしたくなかった為、不妊治療の末に体外受精で息子さんを授かったそうです。

この女性、旦那さんには性的魅力など感じられず、娘は自分の分身のような存在でキツく接し、そして息子さんには全ての愛情を注いでいる状態……。

この女性の言い分は、息子は自分の全てであり、「とても手のかかる年下の異性」。どんなに振り回されても恋愛に似たドキドキ感があるそう。そして愛情が「遠い将来、どこの馬の骨かわからない女にこの子の体を触れられたくない」という気持ちに発展しました。

そのような気持ちの中、女性がとってしまった行動はなんと!

オムツ替えのとき、息子さんのおちんちんにキス。

その様子を目の当たりにした旦那さんは激怒したそうですが、女性は「自分がお腹痛めて産んだ子に愛情表現して何が悪いのか?」という気持ちだそうです。

このビックリするエピソードにママたちの反応は……

『キモい! 息子2人いるけどこんなこと思ったことないわ。3歳の性器にキスって病院行けよってレベルでしょ』


『息子はまだ2ヶ月だけど、私は触るのもためらっちゃうわ。もちろんオムツ替えしたらちゃんと拭いてるけど。

キスとか絶対考えられないし、気持ち悪すぎる』


『私も息子大好きだけど、これはかなり気持ち悪いわ。性的虐待だよ。こんな母親ありえない』


という意見が圧倒的でしたが、中にはこんな話も……

『幼稚園のとき、いた!

可愛すぎてパクっとしちゃうって。

みんなドン引き。

うち息子2人中学生だけど、そんな気になったこと一度もないわ。かわいいけどね』


『子どもの同級生のお母さんと息子はおバカで可愛いよねって話をしてたら、乙女のような顔して「可愛いすぎて初めては私が」って言い出してドン引きしたわ』


『私の知人も息子のおまたにキスしてると言ってたな……思い出した』


ムスコン予備軍、いそうです……。

【ケース2】息子は理想の彼氏。

シングルマザーの彼女には5歳の息子さんがいます。若い頃は恋愛も自由にしてきた彼女ですが、妊娠、出産を機に母親としての責任感、倫理観から性的欲求がなくなったといいます。そんな彼女の言い分は……

「血を分けたもっとも理想の彼氏として育て、尽くしている。もし将来、彼女を連れて来たらタダで済ませるつもりはありません。人の男を取りやがって……そんな感じですかね」

そんな彼女、寝る前のハグや幼稚園の行き帰りのときのキスも、毎日のお風呂も一緒。まだ小さい5歳の息子さんなのでありえる話ですが、彼女は「成人する20歳まで続けたい」とのことでした。



息子を理想の彼氏として育てると公言したこの女性。ママたちの反応は……

『え…

確かに息子は可愛いし手のかかる年下の異性的な感覚も分かるけど……だからってこれは異常すぎる。

いつかは息子にも彼女できなきゃ困るし結婚もしてもらわないと困るよ』


『気持ちはわかる。

可愛いんだもん』


『これ本当ならお母さんおかしくない?

母親だよね? 気持ち悪。

普通息子を異性とか考えないけどな。

とっても可愛い気持ちは分かるが、それは娘も同じ。

息子だけ可愛い〜とか、おかしいよ絶対』




歪んだ愛情表現の背景にあるものは……

確かに我が子はとてもかわいいですよね。小さい頃なら、おしりなでなで〜チュッ、くらいなら、やったことがある方はいらっしゃるのではないでしょうか。しかしそれは、あくまで「子ども」への愛情。性的欲求が絡むのは、歪んだ愛情表現といえます。

なぜ息子に対して歪んだ愛情表現になってしまうのか?

ダイヤモンド・オンラインの記事では「家庭内で『父親不在』の状況が、関係しているのではないか」と指摘がありました。この『父親不在』は別居や離婚だけでなく、セックスレスの状況も含みます。

本来は夫(父親)に向かうべき性的欲求が、息子に向いてしまう可能性があるようです。

文・編集部 イラスト・めい