九州は、あす未明から明け方が雨のピークで、非常に激しく降る所も。また、今夜遅くから、あす明け方にかけては非常に強い風が吹く見込み。地方ごとに雨や風の警戒期間、注意点をまとめました。

各地の詳しい天気は画像をクリック


九州の雨や風

きょう16日(土)昼ごろから、すでに弱い雨雲がかかりはじめています。
夜は広い範囲で雨が降り、次第に降り方が強まります。
雨のピークは、あす17日(日)の未明から明け方で、激しい雨や雷雨となるでしょう。
道路が川のようになるような降り方です。
局地的には1時間に50ミリ以上の滝のような雨が降るでしょう。
地震で揺れの大きかった地域では地盤の緩んでいる所があります。
少しの雨でも土砂災害の発生する恐れがあり、特に警戒が必要です。
風のピークは、今夜遅くから、あす明け方にかけてです。
熊本県や大分県を含む九州北部では、南よりの風が非常に強く吹くでしょう。
何かにつかまっていないと立っていられないくらいで、車は通常の速度で運転するのは困難になるほどです。
また、発達した雨雲やカミナリ雲の周辺では、突風が吹くこともあり、注意が必要です。


四国・近畿・北陸・東北の風や波

四国の海上では、あす明け方から昼過ぎにかけて、風が非常に強く、しけるでしょう。
近畿は、明け方から昼過ぎにかけて、海上を中心に南よりの風が非常に強く吹くでしょう。
中部では暴風に警戒が必要です。
また、大気の状態が不安定になるため、朝から昼前を中心に雨雲が発達する見込みです。
急な強い雨や落雷や突風にも注意してください。
北陸は、あす未明から夜のはじめ頃にかけて風が非常に強く吹くでしょう。
海上はしけとなる見込みです。
東北地方では、海上を中心に、あす朝から南よりの風が非常に強く、夜遅くにかけて暴風となる所があるでしょう。
また、海上では17日朝から波が高くなり、しける見込みです。


東海や関東も強い南風に注意

上の図にはありませんが、東海は朝から昼前にかけて、関東も昼前後を中心に風が強まる見込み。
雨の降り方が弱くても、強い風により、横なぐりの雨に。
風の影響を受けやすい、沿岸部を走る路線などは、列車の運行に影響が出ることも。
あす17日(日)は全国的に荒れた天気に注意が必要です。