8日に放送された「中居正広のミになる図書館」(テレビ朝日)に出演した岡江久美子。ネットでは"岡江久美子伝説"が話題になっており、それが真実かどうかを明かした。

その内容は、
○スポーツ飲料と間違えて「浅漬けの素」をジムに持っていった件。
これは事実。「ジムで飲もうとしたときに気づいた」とかなりの天然ボケ。急いでカバンに入れたため、ペットボトルと持った感触が一緒だったそうだ。

○シャンパンと間違えて入浴剤を飲んでしまった件
これも事実。岡江の娘がプレゼントにもらったものが冷蔵庫に入っており、「シャンパンだ。飲もう」と、飲んでしまった。喉まで入ったときに焼けるように感じたため、はき出してラベルを見ると入浴剤だったことがわかったが、シャンパンみたいな入れ物で間違えたという。

○夫とケンカしたときに窓をあけて「大和田獏が妻をいじめています」と叫んだ件
これは新婚のころの実話。マンションに住んでいたとき、人が通っているのに叫ぶと、夫が「ごめん、ごめん」と謝って窓を閉めたそうだ。

とにかくおっちょこちょいだという岡江。伝説はこれだけにおさまりそうにない。
また、健康オタクで、今ブームの"チアシード"にはまっているとのこと。

しかし、医師より"チアシード"はあくまでも健康補助食品であり、栄養が足りない人にとっては効果が期待されるが、栄養を充分に摂取している人が食べてもほとんど変わることがないと明かされて、ショックをうけていた。