6日放送の「そこまで言って委員会NP」(読売テレビ系)で司会の辛坊治郎氏が、ゲストの安倍晋三首相にツッコミを入れる一幕があった。

番組では「安倍政権・安保法制 徹底チェックSP」と題して、安倍首相を招き、国民が抱く多くの疑問をぶつけた。

スタジオでは、辛坊氏が安倍首相に「今、国会開会中で、実はマズイんじゃないですか?」と早速切り込んだが、安倍首相は動じる様子もなく「『国民にしっかり、説明をせよ』と、こう言われてますので。総理大臣の役目としてですね、こういう番組を通じて、国民の皆さまに分かりやすく説明をしたいなと思いました」と答えた。

そして、渡辺真理アナウンサーの進行で、安倍首相に15の質問をぶつけるコーナーでは、安倍首相が「YES」か「NO」で答え、さらに自ら補足説明をしていった。

その中で、渡辺アナが「週刊誌の吐血報道は誤りである」という質問を読み上げた。この質問に安倍首相は一瞬沈黙した後、次の瞬間、手を口に寄せ「ゴホン!」と咳をし吐血する素振りをみせ、出演者の笑いを誘った。

これには、辛坊氏も「総理、止めなさいよ」「そこでギャグ入れられても」と、ツッコミを入れた。安倍首相は笑顔を浮かべながら「高杉晋作でありましたね」と、自身と同郷の偉人にあやかったギャグであることを説明すると、辛坊氏は「血色はそばで見てても大変よろしいようで」と、吐血報道を否定する安倍首相を後押しした。

【関連記事】
宮根誠司氏が生放送で安倍晋三首相に食事を誘われ喜びの笑顔をみせる
「とくダネ!」で安倍晋三首相による安保法案解説を酷評「ツッコミどころが多い」
やくみつる氏が安倍晋三首相に安全保障関連法案について厳しく指摘