かすむ中国政府…北京で重度のスモッグ、4日目に突入

 中国の首都、北京市では30日も、大気汚染などを原因とする深刻なスモッグが続いた。写真左は明・清代の宮廷だった故宮博物院の一部、右奥は中国政府の中枢がある中南海の一角だ。スモッグでかすんでしまい、よく見えない。(写真は「CNSPHOTO」提供)
  •  中国の首都、北京市では30日も、大気汚染などを原因とする深刻

ランキング