南野拓実が提示した大迫不在問題への解決策。新たな大黒柱誕生の予感も、次なる「依存症」を生み出すな

タジキスタン戦では、南野が1トップ的なポジションを取り、状況を改善させた。4戦連続ゴールで決定力の高さも見せつけた。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)
  • タジキスタン戦では、南野が1トップ的なポジションを取り、状況
  • 10月の2連戦ではわずか4分間の出場にとどまった久保だが、攻撃

ランキング