ライアン・ゴズリング写真:REX FEATURES/アフロ

写真拡大

米ウォルト・ディズニーが約5年前から企画している、ディズニーランドの人気アトラクション「ホーンテッドマンション」の映画化プロジェクトに、ライアン・ゴズリングが出演交渉中だと米バラエティが報じた。

同作は、スーパーナチュラル要素のあるファミリー映画になる予定で、「パシフィック・リム」のギレルモ・デル・トロがプロデュースと監督を務める。ちなみにゴズリングは、ディズニーのバラエティ番組「ミッキーマウス・クラブ」出身の俳優としても知られる。

同アトラクションは、2003年にもエディ・マーフィ主演で映画化されている。デル・トロ監督は、同企画が発表された2010年のコミコンで、「今回は、エディ・マーフィは出演しません。コメディではないので、お子さんが見に来たら、悲鳴を上げると思いますよ」とホラー色を強調し、「怖くて、同時に楽しい内容になる」と語っていた。

ゴズリングは、初監督作「ロスト・リバー」が5月30日から全国で公開される。

■関連記事
ギレルモ・デル・トロ、“幻の”クライムファンタジーをドラマシリーズ化
ギレルモ・デル・トロ監督「パシフィック・リム3」の構想を明かす
エマ・ワトソン主演の実写版「美女と野獣」にライアン・ゴズリング?
ライアン・ゴズリングが初監督作で描く耽美な世界 予告&ポスター公開
ギレルモ・デル・トロ監督の創作ノート、邦訳版が10月発売