ブルース・ウィリス&デミ・ムーア元夫妻の長女ルーマー・ウィリス/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

ジョニー・デップの娘リリー・ローズやフィル・コリンズの娘リリー・コリンズなど、父親似の2世たちの美しさが絶賛されているが、デミ・ムーアとブルース・ウィリス元夫妻の長女ルーマー・ウィリスは、父親に似ていることで辛い思いをしたようだ。

【写真を見る】父親似の顔にコンプレックスを抱いていたという/写真:SPLASH/アフロ

ブルースに瓜二つのルーマーは、「両親が世界中で知られていて、常にメディアの注目を集めていたから、とても辛かったわ。特にティーンエイジャーの時は、とても不安定だった。自分の容姿も好きになれなかったし、第三者はすごく意地悪だった」

「皆が私のことを、『男みたい』とか『顔以外はいい』とか『ジャガイモみたい』って言うの。私の母親は、私が今まで出会った中でも最も美しい女性の一人だと思うんだけど、私と母親を比べて、『美しいお母さんじゃなくて、マッチョなお父さんに似ているわね』って言われてとても傷ついた」

「これって言葉のいじめよね。だからずっと美容整形をして顔を変えて、スリムになりたいって思っていた。そうしたら、そういう嫌な問題も解決すると思っていたけれど、でもそれは違ったの」と語るルーマーは、妹のタルーラのおかげで、昨年生まれ変わることができたのだという。

「タルーラは去年、拒食症とかいろんな問題を解決するためにリハビリ施設に入ったんだけれど、それを隠さずオープンにしたの。それが私の人生観をいい意味で大きく変えてくれたわ」

「『これが私の弱点だけど、それでいいのよ。これが私だし美しい。別に今のままで構わないわ』って言うのを聞いて、私も同じように感じることができると確信したし、意地悪な言葉を聞くのはやめようって思えたの」とナショナル・エンクワイラー紙に語っている。

ルーマーはあごを削ってほっそりさせたといわれているが、ボディ改造は認めているものの美容整形を認めていない母親のデミと同様に、美容整形をやったかどうかについては明らかにしていない。【NY在住/JUNKO】