『バケモノの子』の役所広司たち豪華声優陣に注目!/[c]2015 THE BOY AND THE BEAST FILM PARTNERS

写真拡大

『おおかみこどもの雨と雪』(12)の細田守監督作『バケモノの子』(7月11日公開)のブリーフィングが開催され、本作を手がけるスタジオ地図の齋藤優一郎プロデューサーが、役所広司、宮崎あおい、染谷将太たち豪華声優陣15人の配役や、映画の進捗について発表した。

【写真を見る】最強のバケモノ、熊徹(くまてつ)役の役所広司/[c]2015 THE BOY AND THE BEAST FILM PARTNERS

齋藤プロデューサーは、現時点の制作状況について「過去にないくらい最大の危機です。間に合うか間に合わないかの大接戦です」と語った。

『バケモノの子』は、人間界の渋谷と、ケモノたちの棲む異世界を舞台にして、バケモノと少年の奇妙な師弟関係を軸に、親子の絆や淡い恋愛を描く冒険活劇だ。

最強のバケモノ・熊徹(くまてつ)役の声優を務めるのは役所広司、熊徹の弟子となる九太役は、少年期を宮崎あおいが、青年期を染谷将太が務める。九太と交流するヒロイン楓役では、広瀬すずが声優に初挑戦した。

その他、津川雅彦、リリー・フランキー、大泉洋、山路和弘、黒木華、宮野真守、大野百花、山口勝平、諸星すみれ、長塚圭史、麻生久美子と、豪華な顔ぶれが揃った。このキャスティングについて細田監督もご満悦だ。

細田監督は、役所について「あの役所さんが主演で、しかも“熊徹”という熊のバケモノの役を引き受けてくださって映画を作れることは、幸運であり、ものすごく光栄です。最初にテストを聞いたとき、『熊徹はこんな声だったんだ。熊徹に会えた!』という気持ちになりました」と語る。

宮崎と染谷は、前作『おおかみこどもの雨と雪』に続いて声優を務めるが、両者とも前回のオーディションでほれ込み、今回もオファーしたそうだ。

「女性が演じることの艶っぽさを出しつつ、きちんと少年の声に聞こえる。それは少年風に演じようとする技術ではなく、彼女の魂がそうさせているんです。想像以上のはまり具合に感動しました」と絶賛。

染谷についても「メインの役どころでがっつりご一緒したいと思っていました。宮崎さんからバトンを受け継いで成長した九太を染谷さんが演じていることに、違和感は全くないです」と太鼓判を押す。

さらに、広瀬すずについては「すごい才能の方。表現力のダイナミックさ、情報量の多さに、なんでこんなことが出来るんだろうと、現場で驚くことが多かったです」と感心したそうだ。

細田監督と初タッグを組んだ役所は、絵コンテの出来のすばらしさに感動したと言う。またアフレコについては「僕は必死で慣れないアフレコをやりましたが、宮崎あおいちゃんにしろ、染谷将太くんにしろ、広瀬すずちゃんにしろ、やはりアニメで育った世代は本当にうまい」と称える。

宮崎は、監督からのオファーに感激しつつも、最初は少年の声を出すことに不安を感じていたようだが「だんだん男の子の声がつかめてきて、そこからは楽しさが増してきました。役所さんと普段なら絶対使わない憎まれ口での掛け合いができて、これが声のお仕事ならではの醍醐味だな、と思いました」と語った。

染谷もオファーを喜び、本作について「とても繊細であり、心躍るエンタテインメントにもなっている。全てを兼ね備えた映画という印象です。少年の成長ものというストーリーに加え、アクションもすごい。見たことのない映像が詰まっていたので、鳥肌が立ちました」とのこと。

夏休み映画の本命という呼び声が高い『バケモノの子』には、今から期待がかかる。細田監督自らが書き下ろした原作本「バケモノの子」は、公開に先駆け、6月20日(土)より角川文庫より発売予定となるので、こちらもチェックしたい。【取材・文/山崎伸子】