降板したジョン・シングルトン監督
 - Jeffrey Mayer / WireImage / Getty Images

写真拡大

 映画『ボーイズ’ン・ザ・フッド』『シャフト』などでおなじみのジョン・シングルトン監督が、1996年に銃撃されて亡くなった伝説のラッパー、トゥパック・シャクールさんを描いた伝記映画の監督を降板したことがWrapや複数のメディアによって明らかになった。

 本作は、配給/製作会社モーガン・クリークが2012年から製作を企画していた作品で、ジョン・シングルトン監督は、トゥパック・シャクールさんの遺族のサポートのもと昨年の6月に撮影予定だったが、しばらく製作が滞っていた。どうやら製作会社モーガン・クリークとのクリエイティブ面での相違により降板を決意し、映画『青いドレスの女』『ハイ・クライムズ』のカール・フランクリン監督がその代役を務めることになった。

 ジョン・シングルトン監督の降板は残念だが、現在でも多くのラップ界のミュージシャンに影響を与えているトゥパック・シャクールさんが、どのように描かれるのか期待したい。 (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)