武藤遊戯(上)と海馬瀬人の設定画(C)高橋和希 スタジオ・ダイス/劇場版遊戯王製作委員会 2016

写真拡大

完全オリジナルストーリーで長編劇場版が製作されることが発表されていた、大ヒット漫画「遊☆戯☆王」の劇場版最新作「劇場版 遊☆戯☆王」のボイスキャストが、主人公の武藤遊戯を風間俊介、ライバル海馬瀬人を津田健次郎がそれぞれ続投することで決定した。合わせて、今作で描かれる遊戯と瀬人の設定画も公開された。

この決定に風間は、「20年愛されている『遊☆戯☆王』の主人公を演じる事の責任感を感じつつ、また熱い闘い(デュエル)をできる事の喜びで胸がいっぱいです。伝説として残っていく闘いをします」と意欲満々。さらに、「『海馬』としての、津田さんに早く会いたいです。 僕が17歳のときからのお付き合いなので、最高のデュエルが出来ると思います」と津田との再会を心待ちにしている。

一方の津田も、「また海馬を演じる事ができるのを嬉しく思いました。海馬瀬人を進化させ、極めたいと思っています。風間くんとは本当に久しぶりの共演なので楽しみです」と相思相愛の様子。そして、「皆さんに心から楽しんで頂ける作品になると良いですね。遊戯王デュエルモンスターズ世代の皆さんはもちろんの事、遊戯王を知らない皆さん、海外の皆さんにも見ていただきたいですね」と、ファンの拡大にも期待を寄せた。

遊戯と瀬人が中心の物語ということ以外は全てが謎に包まれていた今作のストーリーは、ファンの中でも特に人気の高い高橋和希氏が原作のファーストシリーズ「遊☆戯☆王」の後日譚を描くものになるという。来年の公開に向けて、今後の情報に注目が集まる。「劇場版 遊☆戯☆王」は2016年公開。

■関連記事
「遊☆戯☆王」完全オリジナルストーリーの劇場版最新作が2016年公開決定!
水木一郎、小学3年生の道徳教材に! 熱い生き様で個性の大切さを伝える
「劇場版アイカツ!」封切りにファン熱狂!橋本環奈も駆けつけキャスト陣を祝福
伊藤計劃の小説映画化「虐殺器官」「ハーモニー」 主人公の描き下ろし新ビジュアル公開
ロンブー淳、“最凶の敵”役に「いいヤツですから」と愛着