ギズモにまた会える!写真:Album/アフロ

写真拡大

米ワーナー・ブラザースが、スティーブン・スピルバーグ製作総指揮、ジョー・ダンテ監督による大ヒット作「グレムリン」(1984)のリメイクを決定。リメイク版の脚本家に、「レッド・ドーン」「パニック・フライト」のカール・エルスワースを起用した。

「グレムリン」は、少年が父親から贈られた珍獣モグワイが、3つの飼育条件が守られなかったとき、狂暴な怪物グレムリンに変身して大暴れするというSFブラックコメディ。90年には、第1作のスタッフとキャストが再結集して、続編「グレムリン2 新種誕生」が製作された。

米Deadlineによれば、オリジナル版の脚本を手がけたクリス・コロンバスとスピルバーグが、リメイク版のプロデュースを手がける。なおコロンバスは、メガホンをとる可能性も報じられている。

■関連記事
「グレムリン」リメイク企画、カッツェンバーグの息子らがプロデュース
「グーニーズ」続編、前作と同じくスピルバーグが原案を担当
男性版「ゴーストバスターズ」新作はチャニング・テイタムが製作・主演
「グレムリン」製作30周年記念ブルーレイセットが数量限定で発売
ナイキ、2015年中に「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」の自動靴ひも調整シューズ発売を目指す