「セバスチャン・サルガド 地球へのラブレター」ポスター(C)Sebastiao Salgado (C)Donata Wenders(C)Sara Rangel(C)Juliano Ribeiro Salgado

写真拡大

名匠ビム・ベンダースが、ブラジル出身の写真家セバスチャン・サルガドの足跡を追うドキュメンタリー「セバスチャン・サルガド 地球へのラブレター」のポスター画像が公開された。

モノクロを基調としたサルガドの写真は、人間の死や破壊、腐敗といった根源的なテーマと、その荘厳な作風から「“神の眼”を持つ写真家」とも言われている。本作は、ベンダースとサルガドの息子ジュリアーノ・リベイロ・サルガドが、2004年から地球上の最も美しい場所を探し求め、ガラパゴスやアラスカ、サハラ砂漠などで撮影を行ったサルガドのプロジェクト「Genesis(創世記)」に同行し、2人の視点から、偉大な写真家の足跡を解き明かす。

ポスターに採用されたのは、アメリカ合衆国で最大の野生生物の保護区、アラスカのアークティック国立野生動物保護区で、3000メートル以上にのぼるブルックス山脈の東部で2009年6〜7月にかけて撮影された写真だ。そびえ立つ堅牢な山並みと深い谷川、多数の氷河が映され、雲の切れ目から差し込む太陽光が神々しいまでの自然の驚異を感じさせる。

「セバスチャン・サルガド 地球へのラブレター」は、今夏Bunkamuraル・シネマほか全国で順次公開。

■関連記事
【作品情報】「セバスチャン・サルガド 地球へのラブレター」
ベルリン国際映画祭、ビム・ベンダースに栄誉金熊賞授与
ベンダースの3D新作にC・ゲンズブール、R・マクアダムスらが参加
W・ベンダース監督「東京画」から四半世紀「小津さんでさえ今の日本、東京はわからない」
広大な風景と爽快感が味わえる「LIFE!」ミュージックトレーラーを公開!