■4月特集 春競馬、クライマックス(4)

 今年の牝馬クラシック第1弾・GI桜花賞(4月12日/阪神・芝1600m)は、牡馬相手の重賞・GIIIきさらぎ賞(2月8日/京都・芝1800m)をステップに3戦3勝で出走するルージュバックが主役としてレースを迎えそうだ。

 昨年いっぱいで引退したジェンティルドンナに続く"女傑"候補と見られている同馬にとっては、このレースは通過点のひとつに過ぎないという見方もあるが、「競馬に絶対はない」というのは競馬界の格言でもあり、常識。当日の展開や馬場状態、馬の体調や精神状態などによって、大本命馬が敗れるのは、そうめずらしいことではない。ましてや経験の浅い3歳牝馬。ルージュバックについても同様だろうし、どんなレースでも"人気馬を疑ってかかる"という行為は無謀なことではないのである。

 まずはそのルージュバックを分析してみよう。父はGI菊花賞(京都・芝3000m)などを勝ったステイヤー、マンハッタンカフェで、母ジンジャーパンチはBCディスタフなど米GI6勝の名牝だ。ただ、母系の血はダート向きで、母の父にオーサムアゲインを持つ馬は、芝に限ると1800m以上しか勝利がないというデータもある。ルージュバックの臨戦過程を見ても、初のマイル(1600m)戦であり、これまでスローペースしか経験していないので、この距離特有のハイペースに戸惑う可能性も十分。スムーズな競馬ができれば、ぶっちぎりの圧勝もあり得る力の持ち主だが、この舞台では全幅の信頼は置きにくい。

 逆転候補として、注目したいのがディープインパクト産駒である。何しろ、この桜花賞では2011年の産駒デビュー以来4連覇(マルセリーナ、アユサン、ジェンティルドンナ、ハープスター)と、最も得意としているGIレースなのだ。

 今年も5頭が出走を予定しており、中から"穴馬"的ポジションになりそうな3頭をピックアップした。

 コンテッサトゥーレは兄に皐月賞馬キャプテントゥーレがいる良血で、母エアトゥーレは桜花賞と同じ阪神芝1600mのGII阪神牝馬Sを勝ち、祖母スキーパラダイスは仏GIムーランドロンシャン賞を勝ち、同GI仏1000ギニーは2着。3代母スキーゴーグルは米GIエイコーンS勝ち馬という良血だ。祖母も3代母も、各国の桜花賞的位置づけレース(仏1000ギニー、エイコーンS)で実績があり、祖母の父ロイヤルスキーも1990年の桜花賞馬アグネスフローラの父。母は桜花賞で11着だったが、父の血により桜花賞の適性は確実に上がっている。

 クルミナルは母クルソラがアルゼンチン3歳牝馬チャンピオンで、同地で芝2000mのGIを2勝している。母の父キャンディストライプスはGI天皇賞・秋(東京・芝2000m)などを勝ったバブルガムフェローの半兄で、ペルーサ(GII青葉賞勝ち、父ゼンノロブロイ)の母の父としても知られる種牡馬だ。父の産駒でリファールのクロス(※)を持つのは2012年の勝ち馬でGI7勝のジェンティルドンナなどと同じパターン。魅力的な血統馬である。
※その馬の血統の中で、父と母それぞれに、同一の祖先が存在すること

 アンドリエッテは、母の父がフレンチデピュティやクロフネと同じデピュティミニスター系のシルヴァーデピュティで、祖母の父が、昨年の2歳王者ダノンプラチナの母の父アンブライドルズソングの父でもあるアンブライドルド。最近、ディープインパクトとの好相性が目立つ血統で構成されている。阪神コースでは1勝2着1回と連対率100%と、コース成績も十分だ。

 上位人気馬ではあるが、ステイゴールド産駒の2頭も桜花賞向きの血統背景の持ち主だ。ステイゴールド産駒はゴールドシップやオルフェーヴルなどで、GI宝塚記念(阪神・芝2200m)を5勝しているように、阪神は最も得意なコース。桜花賞では昨年のレッドリヴェールの2着が最高だが、同馬は同コースで行なわれたGI阪神ジュベナイルフィリーズの勝ち馬でもある。

 GIIIクイーンC(2月14日/東京・芝1600m)を勝って3戦3勝で臨むキャットコインは、母の父ストームキャットが、母の父として1998年ファレノプシス(父ブライアンズタイム)、2013年アユサン(父ディープインパクト)と、2頭の桜花賞馬を出している。父、母の父ともに桜花賞に相性が良いという血の持ち主である。

 今回と同コース・同距離のGIIIチューリップ賞を勝ってここに臨むココロノアイにも注目。3代母マックスビューティは8馬身差で圧勝した1987年の桜花賞の他、GIオークス(東京・芝2400m)も勝った牝馬二冠馬だった。祖母マックスジョリーも桜花賞、オークス3着の活躍馬で、牝馬クラシックには縁がある牝系である。

 このように大物ルージュバック以外にも、ディープインパクト産駒を中心に注目馬が揃っている今回の桜花賞。GIレースでは、血統のいい馬が秘めたる素質を開花させるケースも多い。今年はどんなレースになるのか、スタートを楽しみに待ちたい。

平出貴昭(サラブレッド血統センター)●文 text by Hiraide Takaaki