「残響のテロル」など中国の中央国家文化部が悪質と判断した日本アニメ

ざっくり言うと

  • 中国中央国家文化部が1日、日本のアニメ3作品の規制を強化すると発表した
  • 「残響のテロル」は主人公がテロリストになる設定が問題視された
  • 「BLOOD-C」は血しぶきの量があまりに多いため規制されることになるという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x