By Kārlis Dambrāns

Appleは他社製品を含む旧端末を下取りしてiPhone購入に使えるギフトカードと交換するプログラムを開始する予定であると報じられていましたが、一部のApple StoreでAppleがAndroid・Windows Phone・BlackBerryなど他社製品を含むスマートフォン下取りプログラムを開始しました。

Apple launches in-store Android trade-in program to boost iPhone sales | 9to5Mac

http://9to5mac.com/2015/03/30/apple-launches-in-store-android-trade-in-program-to-boost-iphone-sales/

対象のApple Storeのページには「Reuse and Recyclying Program」という告知が現れており、iPhone・iPad・他社製スマートフォンを下取りに出すと、新しいiPhoneやiPadを購入できる「クレジット」が得られるという新たなプログラムが始まっています。「クレジット」がどれぐらいの価値を持つのかは明かされていませんが、9to5Macが情報筋から得た情報によると、iPhone 5c・iPhone 6・iPhone 6 Plusを購入する時には使えるものの、Apple Watchの購入には使用できないとのこと。

下取りプログラムは、すでにアメリカ・イギリス・フランス・ドイツ・カナダ・イタリアのApple Store各店ですでに受付を開始していることがわかっています。日本でこのプログラムが行われるかどうかは今のところわかっていません。