【ビール】コンビニでこの味が買えるとは…! 欧州4大ビール『ミュンヒナーデュンケル』実飲レポ

写真拡大

気温もどんどん高くなり、いよいよビールのおいしい季節がやってきました。そんなとき、いつも飲んでる定番のビールもおいしいのですが、せっかくだから気分を変えて、味わい深いドイツビールを楽しんでみませんか?

高級肉も格安で!「焼肉食べ放題」厳選10店

そこで注目なのが、ダークカラーが印象的な『サッポロ ミュンヒナーデュンケル』。コンビニで手軽に購入できるのに、まるでヨーロッパを旅しているような気分が味わえるビールとして人気が高まっています。

■ドイツ産にこだわった絶品ビール

それもそのはず、実は『ミュンヒナーデュンケル』は、欧州4大ビールのひとつなんです。その名のとおりドイツ・ミュンヘン発祥の濃色タイプのビールで、麦芽の香ばしさと深いコクが特徴。

しかも原材料として、ドイツハラタウ地方産アロマホップとドイツ産麦芽を贅沢に使用しています。ドイツはビール大国なので、原料も国内で消費されてしまうことが多いそうなんですが、『ミュンヒナーデュンケル』はドイツ産にこだわって作っているとのこと。

さっそく『ミュンヒナーデュンケル』を味わうため、事務所のビール好きを誘い試飲会を実施しました。「コクがあるので濃い味の料理にも合う」ということで、ソーセージ、ザワークラウト、ライ麦パンといったドイツ料理をおつまみとして用意しています。

さっそく乾杯したあとに、飲んだ感想を聞いてみました。

■気になる味の感想は?

40代男性
「独特の香りがいいね。しっかりとした味わいでソーセージによく合う。普段飲んでるビールより、コクがあるな」

20代男性
「あ、うまいですね! 濃い色のビールなんですけど後味がさわやか。クセになりそうです」

30代女性
「見た目は濃いけど、思ったより飲みやすい。アルコール度数がそんなに強くないのもいいかも」

30代男性
「日本のビールと違った茶系の色合いがきれい。確かにドイツを感じさせる。味も香ばしい」

40代男性
「ドイツのビールという感じ。きちんと味わいたいタイプだね。これがコンビニで買えるんだ!」

しっかりとした味わいのほか、独特の色に関するコメントが多く寄せられました。実は『ミュンヒナーデュンケル』の「デュンケル」とは、ダークという意味。グラスに注いだときの、若干赤みがかったブラウンが印象的です。缶のデザインもすてきなんですが、ここはぜひ、グラスに注いで飲んでほしいですね。

もちろん、ビールが大好きなわたしも楽しませていただきました。『ミュンヒナーデュンケル』はザワークラウトにぴったりの味ですね。コクがある割には苦みはそれほど強くなく、スムーズに飲める! 私は黒ビールも好きなんですが、それよりもライトな印象です。


楽しいひとときを過ごさせてくれた『ミュンヒナーデュンケル』は、現在セブン&アイグループ限定で発売中(※一部取扱いの無い店舗もあり)。その色とコクと味わいを、ぜひ試してみてください!