永遠のテーマ

 7回に逆転を許してしまった常総学院のエース・鈴木 昭汰(2年)。 「自分の力不足です。終盤に自分の甘さが出てしまった試合でした」とお立ち台で唇を噛みしめた。

 このゲームで大きなポイントとなったのが、7回に大阪桐蔭の8番・吉澤 一翔(2年)に打たれた同点のタイムリー二塁打だ。 そこまで吉澤は鈴木から2本のヒットを放っている。中学野球に詳しい大阪桐蔭の西谷浩一監督によると、少年野球の全国大会で吉澤は鈴木を攻略していたそうだ。それだけ、鈴木にとっては相性が悪い相手と言えるだろう。

 話を7回裏に戻す。 鈴木は二死から大阪桐蔭の7番・福田 光輝(3年)にヒットを打たれて、一塁に走者を背負った状態で吉澤と対することになった。 1点リードで二死一塁、そしてこの試合で2安打の吉澤という状況で、次の打者はピッチャーの田中 誠也(3年)。ここで鈴木とキャッチャーの碾 将太郎(3年)が考える選択肢は多い。鈴木は、「吉澤で勝負する」と考え、キャッチャーの碾鵑蓮「インコースではなく、アウトコースということで、長打だけは避けようと思った」と話し、最悪シングルヒットや四球ならばOKだったとの認識だった。

 1球目からファウル、ボール、ボール、ファウルで2ボール2ストライクと追い込みながらも並行カウントになった。そして運命の5球目となった前に、鈴木は牽制球を一つ挟む。これもバッテリーの選択肢の一つだ。

 5球目、鈴木が直球を投げると真ん中付近の甘いコースになってしまった。「狙い球は決めず、何でもこいという感じだった」と思っていた吉澤のバットが反応。右中間を低いライナーで破り、スタートを切っていなかった福田でも一塁から悠々と本塁へ還ってこられる打球となった。

 バッテリーが一番やってはいけないことと考えていた長打。しかも次の打者であるピッチャーの田中の目の前で福田が同点のホームを踏んだ。同点ではあるが、流れは逆転した瞬間だったと言えるのではないだろうか。

 さてこの吉澤の場面。・カウントによっては吉澤との勝負を避けて、あえて次のピッチャー・田中と勝負する (デメリットは逆転のランナーを出してしまう)・吉澤と勝負しながらエンドランを警戒 (カウントを悪くするのと、福田が走ってこないかもしれないとうのがデメリット)など他にもいくつかの選択肢が考えられる。

 キャッチャー出身である大阪桐蔭の西谷監督に、自分がキャッチャーとして同じ状況になったとしたら、当たっている吉澤に対して、次のピッチャー・田中まで見据えたリードをするのかどうかを聞いてみた。 「その時の状況にもよりますが、相手が代打という作戦をとってくるチームなのか、その辺りも(探りながら)考えると思います」とまだ選択肢はあるとの考えを話した。

 「次の打者までは頭に入ってなくて、ただ勝負という考えで、打たれちゃいけない所に打たれてしまった。試合が終わった今考えたら、2安打浴びていたので、厳しい所を攻めながら次の打者(田中)と勝負しても良かったのかもしれない」と話した鈴木。 キャッチャーの碾鵑蓮「大阪桐蔭などは下位打線でも長打がある。そういった状況でどう対応していくのかを見極めるということをこれから考えていきたい」と大きな勉強をしたという気持ちを話してくれた。

 この場面でどんな選択肢が正解だったのか。野球では将棋や囲碁のように長考ができるわけがなく、短時間で答えを探すのは難しい。さらにはっきり言えば、答えは一つだけとは限らない。 ただ後から振り返ると、こうすれば違う状況もあったのではということなど、色んな検証材料を得ることができた試合と言えるだろう。次の同じような場面になった時、常総学院バッテリーがどんな選択肢をチョイスしてくるのか、楽しみにしてみたい。