99U:皆さんは、きちんと計画していたはずなのに、いつも5分から10分遅刻してしまうタイプでしょうか? もし、そうだとすれば何かをするのにかかる時間を、甘く見積もっている可能性があります。専門家は、この傾向を「計画錯誤」と表現し、最も改善が難しい行動傾向の1つだとしています。しかし、皆さんが変わることはできます。

臨床ソーシャルワーカーのLisa Bernstein氏によれば、遅刻をしないようにするために、今からでも皆さんが実行できることがいくつかあります。



・予定が重ならないようにする。自分が同時に2カ所にいることはできないということを受け入れましょう。
・午前中に会議がある時は、前の晩に服を準備し、目覚ましをスヌーズ機能なしで設定する。
・会議の時間を計画する時には、カレンダーを使う。移動やつなぎ目の時間も考慮する。
・出発時刻のアラームだけでなく、玄関を出なければならない時刻のアラームも携帯電話に設定しておく。
・会議は早めに始めるように努め、ご褒美としてコーヒーを飲んだり、リラックスしたりする時間を持つ。


計画錯誤は生産性を低下させかねません。また、皆さんを待っている人の時間や気力、集中力にも悪い影響を与えます。しかし、幸いなことに皆さんが少し変わるだけで、周囲の人たちから高い信頼感を得ることができるようになります。


How to Never Be Late Again|99U

Hamza Khan(原文/訳:コニャック)
Photo by Shutterstock.