20歳のバレリーナ、ミケーラ・デプリンスPhoto by Herman Verwey/City Press/Gallo Images/Getty Images

写真拡大

米MGMが、アフリカのシエラレオネ出身の20歳のバレリーナ、ミケーラ・デプリンスの自伝「Taking Flight: From War Orphan to Star Ballerina」の映画化権を獲得したと、米Deadlineが報じた。

デプリンスは、ローザンヌ国際バレエコンクールと並ぶ世界最大級のバレエコンクール、ユース・アメリカ・グランプリに挑む若きダンサーたちにスポットを当てたドキュメンタリー「ファースト・ポジション 夢に向かって踊れ!」でフィーチャーされたひとり。

内戦下のシエラレオネで孤児となり、4歳のときにアメリカの養父母に引き取られた。実父は射殺され、実母は餓死したとされる。孤児院時代には、皮膚疾患のせいで「悪魔の子ども」と呼ばれていじめられたという。だが、渡米してからバレエを始めてその才能を開花させた。

デプリンスはアメリカン・バレエ・シアター付属バレエ学校を卒業後、ダンス・シアター・オブ・ハーレムを経て、現在はオランダ国立バレエ団に所属している。

■関連記事
ルドルフ・ヌレエフの伝記映画製作へ
オペラ座バレエ団エトワールと芸術監督が新オープンのTOHOシネマズ日本橋に来場!
F・ワイズマンが英ナショナル・ギャラリーの裏側に迫る新作予告公開
「ブラック・スワン」 N・ポートマンの衣装をデザインしたのは日本人
ベンダース初の3D作品「Pina 3D」 心を震わせる映像に坂本龍一が涙