熱い歓声を浴びた斎藤工

写真拡大

沖縄県で開催中の「島ぜんぶでおーきな祭 第7回沖縄国際映画祭」で3月29日、那覇・国際通りでレッドカーペットイベントが行われ、39組271人が170メートルの“赤じゅうたん”を練り歩いた。

最も熱い歓声を浴びたのは、主演作「虎影」が特別招待作品として上映された斎藤工。共演のしいなえいひ、西村喜廣監督らとともに登場すると、沿道に集まった人々のボルテージは一気に最高潮に達した。女性ファンを中心に握手やサインに応じた斎藤は、終始穏やかな表情で「奇跡の1マイル」と呼ばれた国際通りを満喫した。

また、女優の橋本愛、武田梨奈、夏菜、トリンドル玲奈も華やかな衣装に身を包み、ファンとの交流を楽しんだ。前日に沖縄入りした橋本は、「昨夜は鉄板焼きを食べに行きました。沖縄は1月に初めて来たんです」とニッコリ。大観衆を見わたし、「すごいお祭りみたいですね。賑やかで素敵です」と軽快な足取りで、ファンに手を振った。

特別招待作品「原宿デニール」に主演した武田は、今回の映画祭で宜野湾・コザ・那覇と3度のレッドカーペットを制覇。この日はひとりで歩いたが、「すごく楽しいです。ファンの皆さん、おひとりおひとりともっと交流がしたいですね」と笑顔を弾けさせた。

また、「Zアイランド」からは哀川翔、木村祐一、宮川大輔、品川ヒロシ監督らと出席。哀川は貫禄の振る舞いで沿道のため息を誘い、ゾンビメイクを施してレッドカーペットを縦横無尽に走り回った宮川は、汗だくになりながらファンとハイタッチを交わしていた。

同映画祭実行委員会の大崎洋実行委員長は、「来年以降も引き続き島全部を盛り上げていきたいね」と2016年以降の開催についても意欲満々。さらに、「反省はいろいろあります。明日からまたスタートです」と語った。

■関連記事
第7回沖縄国際映画祭開幕!哀川翔、武田梨奈、山本美月ら笑顔のレッドカーペット
夏菜、ロバート秋山のアドリブに笑い止まらず撮影で悪戦苦闘
渡辺直美「五つ星ツーリスト」島崎監督に殺意!?
坂口健太郎、ウーマン村本の銀幕デビュー作「まだ見ていない」に苦笑い
“雨男”桐山漣、哀川翔のスター性にあこがれの眼差し