「雪の轍」の一場面(C)2014 Zeyno Film Memento Films ProductionBredok Film ProductionArte France Cinema NBC Film

写真拡大

第67回カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した「雪の轍(わだち)」の公開日が、6月27日に決定。「世界の車窓から」でもお馴染みの俳優・石丸謙二郎がナレーションを務める予告編が公開された。

本作のほか、過去に3度カンヌでの受賞経験のあるトルコのヌリ・ビルゲ・ジェイラン監督初の日本公開作品。文豪チェーホフの著作をモチーフとし、世界遺産カッパドキアのホテルを舞台に、ホテルのオーナーで元舞台俳優の主人公アイドゥンと若く美しい妻、そして妹との愛憎、さらに主人公への家賃を滞納する聖職者の一家との不和を3時間16分の映像美で紡ぐ。

予告編は、シューベルトの「ピアノソナタ第20番」をバックに、カッパドキアの壮大な風景とともに、登場人物たちの激しい内面を象徴するような重厚感あふれる映像が切り取られており、石丸の渋く深みのある声が観客を作品の世界にいざなう。

「雪の轍」は、6月27日角川シネマ有楽町および新宿武蔵野館ほか全国順次公開。

■関連記事
【動画】「雪の轍」予告編
第67回カンヌ映画祭はトルコ映画にパルムドール!河瀬直美監督は受賞逃す
カンヌ映画祭前半は伝記ものがズラリ 高評価はトルコ作品「Winter Sleep」
石丸謙二郎“世界の洞窟から”トークが止まらず
「環境破壊は世界共通」 トルコの遅咲き新人監督が問題提起