「虎影」に主演した斎藤工

写真拡大

人気俳優・斎藤工の主演アクション映画「虎影」が3月28日、「島ぜんぶでおーきな祭 第7回沖縄国際映画祭」が開催される沖縄・那覇のシネマQで、特別招待作品として上映され、斎藤と共演のしいなえいひ、三田真央が舞台挨拶に立った。

同作は、かつて最強の忍者と呼ばれながら、現在は里で妻子と穏やかに暮らす虎影が、息子を人質にとられたことから再び戦いに身を投じていく姿を描く。斎藤は、「今の日本映画のストロングポイントに特化した、すごくエネルギーの宿った作品になった。この作品を名刺代わりにしたい」とニッコリ。そして、セクシー俳優と呼ばれていることにも触れ「セクシー俳優は短命とみられがちですし、僕にとってのターニングポイント。いい時期に、いい作品に出合えた」と語り、映画俳優としての矜持をのぞかせた。

共演した女優2人から、「座長として頼もしくはあったのですが、男っぽいだけじゃなく女子っぽくもあった」(しいな)、「そうですね。女子会をやっていても、なぜかいましたもんね」(三田)と明かされた斎藤。まんざらでもない様子で、「基本、内股ですからね」とリップサービスで場内を盛り上げた。

プライベートで映画祭に参加していたところ、メガホンをとった西村喜廣監督から登壇を命じられ、急きょ衣装を用意した三田は「ロケバスでもずっとしゃべられていましたよね」と“座長”へキラーパス。斎藤は、「鳥居みゆきさんの取り扱い方だけがどうしても攻略できなくて……」と話しながら、「あれ、確かに僕が話すと女子っぽくなってくるな」と納得の表情。しかし、ペンを走らせる報道陣に対しては「やめて、ペンを止めて」と穏やかな口調で懇願していた。

「島ぜんぶでおーきな祭 第7回沖縄国際映画祭」は、3月29日まで。

■関連記事
斎藤工が主演する忍者アクション「虎影」6月20日公開決定
斎藤工&板谷由夏製作総指揮のショートムービー、主演は安藤政信!
斎藤工、BBCアース「小さな世界はワンダーランド」で初の映画ナレーション
メガ・シャークが巨人と激突!アサイラムの人気シリーズ新作、カリコレで上映
斎藤工、自虐連発「男版壇蜜」「カビみたい」…竹内結子は「本当にいい体」と絶賛