映画『君がいなくちゃだめなんだ』の初日舞台挨拶に登壇した花澤香菜/[c]君がいなくちゃだめなんだプロジェクト

写真拡大

人気声優・花澤香菜が実写作品として初主演に挑んだ映画『君がいなくちゃだめなんだ』(公開中)。公開初日を迎えた3月28日、本作の舞台挨拶がテアトル新宿で行われ、花澤、共演の小木茂光、監督のムラカミタツヤが登壇した。

【写真を見る】多数の立ち見も出る熱気に包まれた会場を盛り上げた/[c]君がいなくちゃだめなんだプロジェクト

劇場内は多数の立ち見も出る盛況ぶり。3人が姿を見せ、超満員の観客から拍手で迎えられると、花澤は「ああー、緊張する!今年一番緊張してるかも(笑)」と漏らしたが、その後は小木、ムラカミ監督とともに終始軽妙なトークを展開した。

心温まる親子の愛情をファンタジックに描く本作。ニューヨークでクランクインしたことについて、花澤は「本当に贅沢ですよね!ニューアルバム『Blue Avenue』のブックレット撮影も兼ねて4日間いたんです。そう言うと、この映画が便乗したみたいに聞こえますけど…。ここは“偶然”ということにしておきましょう(笑)」と会場の笑いを誘った。

日本での撮影はタイトなスケジュールだったようだが、「小木さんと共演できて良かった。小木さんが現場を和ませてくれたんです」と花澤が真面目に振り返っていると、小木は「労力をかけている割にギャラが…(笑)」と赤裸々発言。思わず花澤も「小木さんって結構ブッ込みますね(笑)」と絶妙な掛け合いを披露した。

花澤のソロ楽曲のミュージックビデオを手がけてきたムラカミ監督は「僕は花澤さんが歌ってる姿しか見たことなかったので、今回はとにかく新鮮だった。『花澤さんって走ったり、自転車に乗ったりできるんだ!』と思いました(笑)」とコメント。

観客から大きな拍手が起きたが、花澤は「ちょっと、ここで拍手じゃないですよ!監督は私のことを何だと思ってるんですか!?」とツッコミを入れた。

最後に小木は「“生きる”ってすごく大変じゃないですか。この作品を見た観客の皆さんに何か良い効果を生んでくれると嬉しいなと思います」と映画をアピール。

花澤も「一秒一秒大事に絵作りされている作品。今回は私にとって挑戦だったんですけど、その挑戦の場がこんなに温かい作品で恵まれているなと思います。この優しい作品がいろんな人に届いてほしいです」と語り、舞台挨拶を終えた。【取材・文/トライワークス】