ついに男の「普通」がわかった。ロンドン大学の研究チームが、世界の17〜91歳の男性1万5521人を対象にした20あまりのペニスサイズ調査を分析し、その結果を泌尿器分野の国際誌『BJUインターナショナル』2015年3月2日号で報告したのである。

 調査はいずれも自己申告でなく医師など専門家が行なったもので信頼性が高いとされる。

 それによると平均値は通常時で長さ9.16cm、外周9.31cm。勃起時はおおよそ1.5倍の長さ13.12cm、外周11.66cm。さらに通常時に引っ張った時の長さも測定し、その平均値は13.24cmだった。

 日本人の間には“アジア人よりも黒人や白人のほうが大きい”というイメージが定着しているが、この調査報告によれば、意外にも人種による違いは見られなかったという。ただし身長と勃起時のサイズには相関関係が見られ、身長が高いほどペニスも大きくなる傾向があった。

 一方、「太っているほどペニスが小さい」「指の長さに比例する」「足の大きい男はペニスも大きい」などの俗説については「相関関係が弱い」もしくは「議論がある」と結論づけられた。

 かくして誰でも「世界標準」との比較が可能になったペニスのサイズだが、男性が気にしているほどには、女性は関心がないようだ。

 2006年の米カリフォルニア州立大学の研究チームの調査によれば、女性の85%はパートナーのペニスのサイズに満足していると回答。かたや自身のペニスサイズに満足している男性は55%にとどまった。

 さらに2001年の別の調査では、「勃起時のペニスのサイズが重要」と答えた女性は15%だけだった。 

※週刊ポスト2015年4月3日号