「闇を照らす者」の二人が帰ってきた! 南里美希と栗山航

写真拡大

 人気特撮シリーズ『牙狼』の新作映画『牙狼<GARO>-GOLD STORM- 翔』公開初日舞台あいさつが28日、新宿バルト9で行われ、シリーズの生みの親・雨宮慶太監督と、主演の栗山航と南里美希、キャストの桑江咲菜、井坂俊哉が出席し、劇場版とテレビシリーズが連動する新シリーズへの意気込みを語った。

 2013年に放送されたドラマ「牙狼<GARO> 〜闇を照らす者〜」の主人公・道外流牙(栗山)と彼を支える魔戒法師・莉杏(南里)の新たな戦いを描く本作。雨宮監督が「栗山主演の劇場版製作をお知らせしてから、やっと形になってほっとしています」とあいさつすると、客先からは栗山と南里に「お帰り〜!」の声。これに栗山も「新生流牙、満足していただけましたか? 桜はまだ二分咲きですが、皆さんの笑顔は満開ですね」と応じる。

 続いて、ファッション誌「Ray」専属モデルとして活動する南里が「十分に準備をして、命を削るくらいの気合を入れて挑みました。特にアクションでは、トレーニングで体を作った」と意気込みを明かすと、栗山が「(南里を)モニターで観ていると(アクションが)ヤバイんですよ」とコメント。雨宮監督も「南里は今回、画期的といえるくらい、動けるようになった」とその努力をたたえた。

 本作で雨宮監督は、黄金騎士ガロの進化した姿「ガロ翔」と「魔導輪ザルバ」を新たに造形。「道外流牙というキャラクターの第2シリーズとして、何か栗山にオリジナルなアイテムを作ってやりたかった」と雨宮監督が理由を明かすと、栗山は「今度のザルバは、カバーがついていて重いです」と笑いを誘いつつ「新テレビシリーズを観てもらうと、カバーの意味がわかりますよ」と見どころを紹介していた。

 本作では、4月から放送がスタートする同名テレビシリーズの前日譚(たん)として、道外流牙と、「平和な世界」を夢見る魔戒法師に作られホラーを導く邪心を生み出す人間を滅ぼそうとする人型魔導具「阿号」との戦い、そして葛藤の末、流牙が人間を守る者としての「黄金騎士ガロ翔」を召喚するまでを描き出す。(取材/岸田智)

劇場版『牙狼<GARO>-GOLD STORM- 翔』は新宿バルト9ほかにて公開中
テレビシリーズ「牙狼<GARO>-GOLD STORM- 翔」は4月3日よりテレビ東京(毎週金曜深夜1時23分〜)系ほかにて放送開始