「ぼくが命をいただいた3日間」キャスト陣

写真拡大

「島ぜんぶでおーきな祭 第7回沖縄国際映画祭」が開催中の那覇・桜坂劇場で3月27日、TV DIRECTOR'S MOVIEとして「ぼくが命をいただいた3日間」が上映され、主演の若山耀人と平祐奈をはじめ、共演の高橋和也、松原智恵子、工藤里紗監督が舞台挨拶に出席した。

同作は、初めて父の田舎を訪れた小学6年生の悠介の眼差(まなざ)しに主軸を置き、日本の伝統的な食文化を絡めながら「食べる」こと、「生きる」こと、「命をいただく」ことなどを学んでいく食育エンタテインメント作品。工藤監督は、「3歳の息子がいるのですが『いただきます』という挨拶が、ただ唱えるだけの呪文に形骸化していたことに気付きました。牛さんのお肉が牛さんだったという意味を知ってからは、『いただきます』の言い方に変化が出てきたんです。そもそも、食べるってどういうことなんだということを、多くの方にわかってもらいたかった」と製作にいたった背景を明かした。

若山は、NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」で岡田准一が扮した主人公の幼少期・万吉と、主人公の嫡男・松寿丸を好演したことが記憶に新しい。この日はタキシード姿で登壇し「撮影を通して、いつも当たり前のように言っている『いただきます』という言葉にすごくたくさんの意味があって、動物や植物の命をいただく感謝の気持ちのこもった言葉だと改めて学ぶことができました」と丁寧な口調で話した。

一方の平も撮影で多くの経験をしたようで、「鳥をしめたり鹿を解体したり……。お弁当に入っていたお肉も、『これも鳥さんから命をいただいたんだな』と思いながら食べていました」と告白。2人の様子を穏やかな眼差(まなざ)しで見守っていた高橋は、「2人にとってもすごく新鮮だったのでしょうね。この2人が新鮮に演技してくれたことが、作品にリアリティを与えてくれた」と称えていた。

「島ぜんぶでおーきな祭 第7回沖縄国際映画祭」は、3月29日まで。

■関連記事
【作品情報】「ぼくが命をいただいた3日間」
青鬼とフワッティーがもたらすさらなる恐怖 映画「青鬼」第2弾、特報公開
第7回沖縄国際映画祭開幕!哀川翔、武田梨奈、山本美月ら笑顔のレッドカーペット
平祐奈&大友花恋のダジャレ合戦に柳葉敏郎は苦笑い
“雨男”桐山漣、哀川翔のスター性にあこがれの眼差し