人間とセイウチが禁断の融合(C)2014 Big Oosik, LLC, and SmodCo Inc.All Rights Resereved.

写真拡大

「クラークス」「ドグマ」などで知られるケビン・スミス監督が、ジャスティン・ロング主演で人間とセイウチの融合を目論む老人の狂気を描くホラー「Tusk」が、「Mr.タスク」の邦題で7月18日に劇場公開されることが決定した。

「ムカデ人間」「武器人間」など人間の異物化を描いたホラーが話題を呼ぶなか、“コミコンの帝王”スミス監督による人間セイウチ化計画がスクリーンに登場する。ポッドキャストを運営するウォレスは、取材のため老人ハワードを訪問するが、話を聞くうちに気を失ってしまう。目が覚め、足の感覚がないことにがく然とするウォレスに、ハワードは「これから君はセイウチになるんだ」と告げる。

ロングが主人公ウォレス、マイケル・パークスがセイウチに魅了された老人を怪演。天才子役として名を馳せたハーレイ・ジョエル・オスメントが、ウォレスの友人でかっぷくのいいオタクポッドキャスター役で共演している。

「Mr.タスク」は、7月18日から東京・新宿シネマカリテ、渋谷シネクイントほかで公開。劇場公開に先駆け、5月16日〜6月26日に開催される「カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2015」のクロージング作品として上映される。

■関連記事
「カリコレ2015」開催決定!ベルセバ監督作&ケビン・スミスのホラーが先行上映
ケビン・スミス監督「モール・ラッツ」続編製作へ
ケビン・スミスが映画監督を引退 「クラークス3」が最後
イーサン・ホークが再びシェイクスピア劇に挑む「アナーキー」6月公開決定
「ブレア・ウィッチ」監督のホラー、「カリコレ」で日本初上陸