安川惡斗と世IV虎(よしこ)の険悪な関係も判明する/[c]MAXAM Inc.

写真拡大

2015年2月22日、女子プロレス史上最悪の凄惨な試合として報じられ、女子プロレスをあまり見ない人にも話題を呼んだ、スターダムの世IV虎(よしこ)と安川惡斗の試合。

【写真を見る】リングを離れればひとりの普通の女性/[c]MAXAM Inc.

世IV虎の激しい殴打により顔面崩壊するなど重傷を負った安川惡斗だが、彼女の生い立ちに迫ったドキュメンタリー『がむしゃら』(3月28日公開)には、試合に至る大きな布石があった。

中学時代にいじめやレイプ、自殺未遂など壮絶な人生を送ってきた安川。1人の医師の言葉に救われ、東京で演劇と出会い、さらにプロレスを始めることで新たな人生を自ら切り開いてきた彼女。相次ぐケガや病気など、まさに波乱万丈なその生い立ちが自らの言葉で語られていく。

ドキュメンタリーのカメラは彼女とリングで苦楽を共にする女子プロレスラーにも迫っていくが、今回の対戦者でワールド・オブ・スターダム王者の世IV虎ももちろん登場する。

自分よりも後輩で同じヒールながらメディアからちやほやされる安川への嫌悪感を隠そうとせず、普段から2人の仲が険悪だった事もその映像から見て取れる。

先日、手術も成功し、リング復帰へと一歩足を踏み出した安川。そんな彼女のまさに“がむしゃら”な生き方を赤裸々につづった本作を見れば、女子プロレスラーの安川惡斗としてはもちろん、素顔の彼女にもひかれてしまうはずだ。【トライワークス】