Sっぷりで主人公を翻弄する胡桃を演じる鎌田紘子/[c]岡田和人(ヤングチャンピオン)2006 [c]2015「すんドめ」製作委員会

写真拡大

「いびつ」や「いっツー」といった著作が次々に映画化されるなど人気の漫画家・岡田和人。彼の代表作でグラビアアイドルの鈴木茜主演で4度にわたって映画化されたラブ・コメディ『すんドめ』が本日3月27日に再びスクリーンに戻って来た!

【写真を見る】パンモロで誘惑する胡桃/[c]岡田和人(ヤングチャンピオン)2006 [c]2015「すんドめ」製作委員会

本作は平凡な高校生・英男が転校生の胡桃に翻弄される姿をコミカルに描くストーリー。「地球上で2人きりになったとしても英男とだけは、絶対SEXしない」という過激な発言を皮切りに、英男に絶対服従を強制しつつも、時に小悪魔的な言動で誘惑したりする胡桃のキャラクターが魅力的だ。

今回、そんな胡桃を演じるのは鎌田紘子。バスト80cmながらメリハリのついたボディは前シリーズで胡桃を演じた鈴木茜よりも原作の華奢なキャラクターのイメージに近い。

アイドル好きが高じて、ロマンスターズというアイドルユニットのプロデューサー兼メンバーとしても活躍し、現在はグラビアを中心に活動する鎌田。舞台経験はあるものの、映画は『こたつと、みかんと、ニャー。』(13)以来で演技を見られるというだけでもレアなケースだ。

イメージDVDなどでは過激なシーンにも挑戦している彼女だけに、今回の胡桃役もファンならずとも必見。制服姿でパンモロなんて見せつけられたら、英男ならずとも男性諸氏なら必ず屈服してしまうはずだ。【トライワークス】