尾張名古屋を舞台にしたGI 高松宮記念(3月29日/中京・芝1200m)は、連覇を狙うコパノリチャード、昨年暮れの香港スプリント王エアロヴェロシティ、さらにマイル路線からの転戦組などの参戦もあり、春のスプリント王決定戦にふさわしい好メンバーが顔を揃えた。

 見どころとして大きく挙げると3つ。

 ひとつは連覇を狙うコパノリチャード(牡5)の取捨である。GIとなって以降の、17回の高松宮記念で、キンシャサノキセキ(10年、11年)が唯一連覇を果たしている。このときが7歳→8歳のもので、キンシャサノキセキが晩成型だったとしても、4歳→5歳となるコパノリチャードには不利となる要素ではない。ただ、キンシャサノキセキが2年目のときは、前哨戦に選択したオーシャンステークス(GIII、中山・芝1200m)で2着を確保していたのに対し、コパノリチャードは阪急杯(GIII、阪神・芝1400m)で1番人気に推されながら6着に敗れたという点は気になるところ。自身が昨年高松宮記念を制したときが不良馬場だっただけに、不良馬場に敗戦の理由を求めようにも難しい。昨年の高松宮記念以降で勝利がない点も気がかりだ。

 続く注目点は、香港から参戦のエアロヴェロシティ(セン7)。海外からこのレースへの参戦は久しぶりのことで、昨年の香港スプリント(GI、シャティン・芝1200m)の勝ち馬という金看板を背負っての出走だ。

 香港スプリントでは、今回も出走するストレイトガール(牝6)、リトルゲルダ(牝6)らを相手に積極的な逃げの手に出て一蹴した。スプリント戦としてはスローな流れが大きく味方した点は否めないが、それ以上にこの馬の場合は、自身のリズムで走れたことが大きい。

 香港スプリントの前哨戦であるジョッキークラブスプリント(GII、シャティン・芝1200m)ではしんがり負けを喫しているが、それは再三にわたって前に入られる形からひるんでしまい、ゴール前は無理をせずに流すようにしたことによるもの。決して、一介の逃げ馬ではなく、好位で流れに乗ることも、後方一気で突き抜ける脚もある。前が速くなりそうな今回は当然無理に先手を取ることは考えられず、懸念点を探すとすれば、揉まれたり、外から出足の速い馬にカットされるような枠順になってしまうことだろう。

 最後の見どころは、十指にあまる有力馬の取捨を検討する中で、展開を占うだけに留(とど)まらない個性派逃げ馬2頭による先行争いだ。アンバルブラウベン(牝6)は昨年秋のオープン特別での勝利を皮切りに一気にブレイク。京阪杯、シルクロードステークスと京都芝1200mのGIIIを立て続けに勝利している。一方のハクサンムーン(牡6)は一昨年のこのレースの2着馬で、前走のGIIIオーシャンステークス(中山・芝1200m)で、久々にこの馬らしいスピードを発揮して2着と、復調気配をうかがわせている。この2頭の先行争いを制したほうが勝利に近づくのか、それとも先行2頭の共倒れとなるのか。

「今開催の中京はやや前が有利なイメージですが、1200mに関しては差しも決まっています。ハイペース必至のメンバーで、直線に坂があり、タフな設定の中京だけに、前がパッタリ止まるシーンが考えられるんですよね」

 デイリースポーツの「穴王子」こと豊島俊介記者は、逃げ馬2頭はともに人気も先行しすぎと判断する。

「まず、アンバルブライベンは、全8勝がいずれも直線が平たんなコース。単純なスピード勝負が向いており、中京では絶好のカモとなりそう。ハクサンムーンも、どちらかと言えばスピードタイプ。前走で復活の兆しを見せたが、個人的には今なお全盛時のムードには及ばないと思っています。キャラクター性もあって人気のある馬ですが、馬券的には手を出すと危ないと思います」(豊島記者)

 実際に新装(2012年)後の中京競馬場で行なわれた高松宮記念を振り返ると、逃げ馬で連対したのは一昨年のハクサンムーンただ1頭。ロードカナロアに最後まで抵抗しての2着は価値が高いものだが、当時のハクサンムーンがバリバリの全盛期だったことを考慮すると、現在のハクサンムーンに同じパフォーマンスを期待するのはリスクが大きく、豊島記者の指摘は確かにうなずける。

 では、穴候補はどの馬か。豊島記者が推奨するのはサドンストーム(牡6)とサクラゴスペル(牡7)、そしてショウナンアチーヴ(牡4)の3頭だ。

「サドンストームはタフさを兼備した末脚が売り。中京は12年ファルコンS3着、13年CBC賞3着と結果を残しています。差しが生きる展開で大きく浮上しそうです。

 サクラゴスペルは前走でシフトチェンジに成功。尾関調教師も『中京1200mをイメージできる勝ち方だった』と差し切りVにご満悦でした。

 超大穴としてショウナンアチーヴ。2度目の6F戦で慣れが見込めます。中京に実績はないですが無欲の追い込みがハマりそうな予感も」

 群雄割拠の短距離決戦を制するのはどの馬か。

土屋真光●取材・文 text by Tsuchiya Masamitsu