巨大地震がカリフォルニアを襲う(C)2014 VILLAGE ROADHSOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

写真拡大

人気アクションスター、ドウェイン・ジョンソン主演のディザスター映画「カリフォルニア・ダウン」のティーザー予告映像が完成。あわせて、大都市の真下に深い亀裂が走り、「その日、地球が割れる。」というフレーズがその衝撃を伝えるポスタービジュアルが公開された。

カリフォルニア州南部から西部にかけ約1300キロにわたって続く巨大なサンアンドレアス断層。この断層で発生した巨大地震が、ロサンゼルス、サンフランシスコ、ラスベガスといった大都市を擁するカリフォルニア全土を襲う。「センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島」でもジョンソンとタッグを組んだブラッド・ペイトン監督が、現実に起こるかもしれない空前の大パニックをド迫力の3D映像で描き出す。

このほど公開されたティーザー予告編では、穏やかな日々、見慣れた景色が、地震で一変する。街のあちこちで火の手が上がり、ハリウッドサインやフーパーダムが崩壊、そして告げられる「カリフォルニア全土は間もなく沈む」という警告。極限の環境の中、ジョンソン演じるスーパーレスキュー隊員が人々を守ろうとする姿が緊迫感たっぷりに映し出される。

平穏なカリフォルニアを襲った猛烈な揺れ。大地が割れるほどの巨大地震と津波は、未曾有の事態を引き起こす。屈強なスーパーレスキュー隊員(ジョンソン)は、サンフランシスコにいる娘(アレクサンドラ・ダダリオ)の救助に向かうが、人類最大の困難はまだ始まったばかりだった。

昨年4月からロサンゼルスやサンフランシスコをはじめ、オーストラリアのゴールドコースト、ブリスベーンで大規模ロケを敢行。多くの出演作を大ヒットに導いてきたジョンソンを筆頭に、カーラ・グギーノ、アレクサンドラ・ダダリオ、ヨアン・グリフィズ、アーチー・パンジャビ、ポール・ジアマッティらが共演する。

「カリフォルニア・ダウン」は、5月30日から東京・新宿ピカデリー、丸の内ピカデリーほか全国で公開。

■関連記事
【動画】「カリフォルニア・ダウン」ティーザー予告編
ドウェイン・ジョンソンがエメリッヒに挑む!ディザスター映画、5月末公開
3Dアドベンチャー映画「センター・オブ・ジ・アース」シリーズ第3&4弾製作へ
“ザ・ロック”ドウェイン・ジョンソン「ヘラクレス」引っさげ12年ぶりに日本上陸!
ドウェイン・ジョンソン主演、ラドラム遺作映画化の脚本にアキバ・ゴールズマン